玄関リフォームで運気アップ! 風通しがよく幸せを運ぶ玄関とドアの選び方とは?

疲れて帰ってきて家の玄関が目に入ると、外灯は灯っているのになんだか寒々とした印象。扉を開け中に入ると外より玄関の方が寒いし、なんだかカビくさいような…
長く住んでいる家の玄関のお悩み、事例とともに解決策を考えてみませんか?

目次

自宅の玄関に関するお悩みアレコレ

玄関は家の中と外を区切る場所。靴の脱ぎ履きだけでなく、換気や防犯など、大事な役目を担っています。
それだけに、困りごとやお悩みごとも出てきやすいところです。
まずは、玄関にまつわるお悩みのアレコレをみていきましょう。

 

採光:自然光を取り入れて日中は照明いらずの玄関にしたい!

自宅の玄関は昼間でも薄暗く、照明をつけなくては靴箱の靴も探せない、照明は常時つけているがそれでも薄暗い…とても多く頂くご相談の一つです。
自然光が玄関に入らない理由としては、玄関に明り取りのための窓がない。窓はあるけれど、玄関の方角の問題で日中でも陽の光が差し込みにくいなどが考えられます。

 

通風:湿気や匂いがこもりやすい…風通しをよくしたい!

採光問題と同じく、窓のない気密性の高い空間になっている、あるいは玄関付近に物が放置されているために風通しが悪い。結果的に湿気や匂いがこもっている。これも沢山いただくご相談の一つです。

玄関ドアの交換や玄関脇に窓があれば良いのか。あるいは、玄関収納が改善すれば玄関が広くすれば改善するのか、ご要望とご予算に応じてさまざまな解決方法があります。

 

プライバシー:外から家の中が丸見え

玄関付近にいたら、窓越しに近所の方と目があった。近所の方ならまだしも、郵便局の人や宅配の人からも、屋内や自分たちが見えている。
外から玄関を超えて家の中が丸見えの状態です。

これでは、セキュリティやプライバシーに不安だらけです。屋内から外の様子や来客の様子が見えるのは便利だけど、相手からは見えてほしくないですよね。

 

収納:玄関に置きっぱなしの物をしまうところがほしい!

家族が増えたり成長するにともなって、靴の数も増えていきます。靴のほかにもゴルフバッグやベビーカー、子どもの遊具や掃除道具まで置かれていては、家を建てたときの収納では収まらなくなってしまいます。玄関収納を改善することで、玄関を広く使うことにつながります。

 

防犯:近所で空き巣被害が! 空き巣が入りやすい玄関なの⁉

空き巣など、泥棒や不審者が家へ侵入する手口のほとんどが、ガラス破りと無施錠です。
ドリルなどを使ってドアに穴を開けたり、ガラスを破ったあと、金属の棒を使ってドア内側のつまみ(サムターン)を回転させて解錠する手口を「サムターン回し」といいます。

一方、ピッキングは、針金のような専用工具を、シリンダー部分に差し込み、解錠する手口です。

防犯に考慮したガラスやピッキング対策が施されている玄関ドアを選ばないと、空き巣に狙われやすくなるうえ、簡単に侵入されてしまいます。

間口:玄関が狭くて、荷物の運び出しがたいへん

ベビーカーが必要な年齢の子どもがいる場合、外出のたびに、子どもを抱っこしながら、ベビーカーを玄関から出したり、しまったりしなければなりません。
玄関ドアが重かったり、開けっ放しにならないと、両手がふさがった状態でドアの開閉をしなければならず、たいへん危険です。

また、ゴルフバッグやスーツケース、スキー道具など大きな荷物を出し入れするときも、玄関の間口が狭かったり、ドアが重いと荷物の出し入れがたいへんになります。

 

バリアフリー:段差が多いとシニアに負担大。車いす対応も必要!

シニアの方は腕の力も弱くなってくるので、重いドアの開閉は負担になるうえ、足元の段差や杖・歩行補助具、車いすの対応がなされていないと、出入りが困難になります。

車いすは玄関の中まで運びこめるようにしないと、出入りの時だけでなく、収納の面でも問題が出てきます。

 

プロが勧める、いい玄関ってどんなもの?

通風、換気、彩光がある玄関

閉めたままでも採風可能なドアで、玄関を心地良い風が通りぬけていく。ドアを閉めたまま風を採り込めるので、防犯上も安心。そんな玄関が理想です。
採風機能付のドアなら、湿気やニオイがこもりがちな玄関に、新鮮な空気を招き入れ、余分な熱気や湿気、嫌な靴のニオイを外へと逃がします。玄関が風の通り道となり、住まい全体にいい循環ができると室内の居心地がよくなります。

また、玄関ドアにガラス入っていれば、陽の光を採ることができます。日中は電気も必要ないほど明るくなれば、節電にも効果的
北向きの玄関や窓を設置できない玄関でも、大きなガラス開口の玄関ドアを選べば、自然の光が入り、明るい玄関になります。

 

防犯、プライバシー対策がしっかりなされている

2ロックのシリンダー錠を採用したアルミ製玄関ドアといったことが明記されたドアに交換したり、金属製の鍵を使わないスマートコントロールキーのような装置を施すなど、防犯対策が施された玄関ドアが理想で。

ガラス窓を採用した玄関ドアには、2枚のガラスの間に特殊中間膜を挟み込んだ「防犯合わせ複層ガラス」タイプがおススメです。耐貫通性に優れているため、破壊されにくく、不審者によるガラス破りを防ぐことができます。

また、カギの閉め忘れもよくあること。無締まりを教えてくれる機能も効果的です。
ひと目で施解錠状態がわかるサインを出すことで、カギの閉め忘れを防ぎます。

 

防火戸(地域に関する法規定)

都市計画法第9条では、市街地における火災の危険を防除するため、防火地域と準防火地域が定めています。
防火地域、準防火地域に建設される建物の外壁に設置される開口部のうち、延焼のおそれのある部分は、防火戸、その他の政令で定める防火設備を使用しなければなりません(建築基準法)。

また、同法では、耐火建築物や準耐火建築物の場合には、防火地域、準防火地域以外に建設する場合でも、建物の外壁に設置される開口部のうち、延焼のおそれのある部分には、防火戸を使用するように定めています。

この法規定に該当する地域では、防火戸として認定された玄関ドアを使用しなければなりません。

 

断熱性能

寒い季節は玄関からリビングまで冷気が入ることも。この場合、玄関ドアにも断熱対策を施すことが必要です。
住まいの中で最も熱が逃げやすいのは、玄関や窓などの開口部です。
冬の寒さや夏の暑さを室内に伝えにくくする断熱性能が高いドアなら、一年中快適なエントランス空間を保つことができます。

 

家族スタイルに合わせた性能

間口がどの程度必要かは、そこに住む家族の構成や好みによって異なります。
ベビーガーを使う子どもがいたり、車いすを使うシニアがいたり、ゴルフや他のスポーツの道具を頻繁に出し入れしたり、高額な自転車をしまっておきたいなど、家族のライフスタイルによって、必要となる間口が決まります。

また、体力や腕力が弱くなっているシニアには、押し戸より引き戸のほうが楽に開閉できますし、車いすの出し入れ時なども、開けっ放しにできるので楽です。

将来のことも見据えて、対策をとっておくことが大切です。

 

機能だけでなく、デザインも大事

玄関は外から他人に見られるので、デザイン性も重視したいところです。
重々しい雰囲気の玄関では、お客様も家の中に入りづらくなってしまいます。

外壁の色に合わせたり、洋風・和風などデザイン性の高いドアを選べば、そこに住む人だけでなく、訪問されるお客様もきっと楽しい気分を味わえるはずです。

 

やはり気になる、風水的によい玄関とは?

玄関ドアのデザインや機能、収納、採光、換気や断熱の改善。玄関という小空間には、さまざまな要素が関わってきます。リフォームのご相談を受ける中で、時折いただくのが、運気がよくなる玄関にしたい、という風水的なリクエストです。

げんかつぎやジンクスでしょ?と思われる方もいるかもしれませんが、アーティストやアスリートが本番や勝負に臨む際に、必ずおこなう大事なことです。最終的に、住む方が納得できる、やってよかったと感じられるよう、運気アップの風水も意識してみてください。

下記に玄関における風水のポイントをまとめてみました。

 

すべての気は玄関を通って家の中に入り込んでくるもの

風水における玄関は、あらゆる運気(全体運、金運、健康運、家族運、恋愛運、仕事運
)に影響を及ぼす「最重要ポイント」とされています。
人の出入りだけでなく、運気も出たり入ったりする門なのです。職場や作業スペースにも通じることですが、まずは整理整頓と掃除をこまめにすることから始めてみましょう。
不要なものが山積みになっている、脱いだ靴が何足も玄関に並んでいると運気が落ちるとされています。

玄関は良い気だけでなく、悪い気も入る可能性があります。良い事例とNG事例を知って、運が舞い込んでくる玄関、幸運な自宅にしたいですよね。

 

運気を良くするポイント

幸運の3つのキーワードとなるのが、「キレイ・広い・明るい」です。
まずは掃除をこまめにして清潔にしておくこと。そして靴は常に整理しておきましょう。
靴箱や玄関収納に靴をしまっておくのが○。その際、収納スペースが白であれば、幸運の要素である「キレイ」な玄関、「明るい」玄関をお互いに補完できます。

広さとしては、物理的なスペース限界もありますが、玄関に鏡があれば見た目に「広く」感じることができます。その場合、設置場所は外から入って右手に鏡を置くのが良いとされています。
鏡が難しければ、観葉植物を置くことで、悪い気を良い気に変えてくれます。

前半で述べた、玄関の明るさ改善は風水でも大事なポイント。玄関の照明は新しいLED電球等を活用して、常に明るくなるようにします。間接照明で明るさを補えば、ルクス(光量)の明るさだけでなく、玄関自体の優雅さもアップ、運気も改善となり、良いことづくしです。

 

風水上NGな玄関は?

風水的に×な事例として強く言われているのが、「玄関にぬいぐるみや人形・犬の置物が置かれている」ことです。せっかく良い気が玄関から入ってきても、ぬいぐるみや人形が吸い取ってしまうからだそうです。

また、犬の置物は風水的には「動き回る物」と解釈されているので、「落ち着きがない、良い運気も定着しない」ということになります。動き回る物つながりで、ベビーカーや自転車なども玄関には極力置かないようにするのが吉とされています。

ドライフラワーも生気のない花ですので、良い気が入ってきても悪い気を出して打ち消してしまうとされています。

靴が出しっぱなしになっている、汚れた水の水槽が置いてある、ゴルフバッグやお子さんの遊具が置いてあるのも「キレイ」「広い」を遮っていることになるのでNGです。
ゴルフバッグや遊具は、物置へ収納するようにしましょう。

この記事でも玄関に窓を設置するケースをご紹介していますが、玄関を開けて真正面に窓が見える家は、お金が洩れる、金運が落ちる、貯金が無くなっていくという意味の「漏財宅」と言われています。
金運を上げたい方は、玄関の正対に窓はNGとおぼえておきたいですね。すでにある場合は、パーテーションなど堅いもので仕切ると漏れを遮ることができます。

風水 玄関 | 運気を上げる玄関・下げる玄関

 

 

 

 

 

 

解決策その1 玄関に窓をつける

自宅の玄関に新たな窓を設けることで明るさを採り入れることができます。
ただし、窓をつけることには、デメリットとなりうることも。
以下に玄関の窓についてまとめていきます。

 

玄関脇の窓のメリット

玄関を開放しなくても換気ができる、来訪者の確認も出来る

人が入れない幅の細いタイプの窓であれば、終日開けておくことができるので、換気や通風は劇的に改善します。玄関そばに設置すれば来訪者の確認もできますね。

外に向かって90度に開くスリット型の窓なら網戸も設置できます。
このタイプは浴室の窓でも多く使用されています。

 

サーモスⅡ-H:スリット・スクエアの使い方

デザイン性に優れ、様々な使い方を楽しめるスリット・スクエアサイズ
縦滑り出し窓は障子が90度まで開くので、より多くの風を効率よく採り込みます。
室内からガラス外側の掃除も可能です。

 

自然光を取り入れつつ、照明の電気代も節約になる

日中も照明が必要だった玄関に自然光が入るようになれば、明るい時間帯の照明の使用頻度はぐっと下り、そのぶん電気代の節約になります。リフォームの課題の中で採光を優先するなら開閉しないFIX窓という方法もあります。

太陽の光は人間の体内時計を整えるといわれています。太陽の光を感じながら心と体の時報をセットして、学校や会社へと出かける暮らし。その実現には、玄関の採光は大事な要素です。

 

玄関脇の窓のデメリット

 透過ガラスは外から丸見えに! 大きな窓は侵入経路になってしまう

透過ガラスは屋内からもよく見えると同時に、屋外からも丸見えになってしまいます。
人が入れるサイズの窓であれば、「ガラス破り」での侵入経路となるので、目隠しフィルムや防犯フィルムによる対策が必要になります。対策するということは、その分コストもかかるということです。

窓とは夏は暖気の入り口、冬は冷気の入り口

高い位置に採光用のFIX窓を設置した場合、家の中から窓の外側を掃除することができなくなります。夏季は西日が差し込む方向に窓があると玄関全体が暑くなります。冬季は日中だけ日射熱で暖かくなりますが、夜間は冷気が入り込むことになります。
採光という目的だけに絞って断熱ガラス・遮熱ガラスのFIX窓を採用するといった工夫が必要です。

玄関に窓を増やす場合は窓を取り付ける位置と大きさ、開閉する必要があるかなどの要素を考慮して決めましょう。

 

解決策その2 高性能の玄関ドアを設置

窓がなくても採光や通風に対応できる! 優れもの玄関ドア

玄関ドアだけで、採光、通風、断熱に対応した玄関ドアという選択肢もあります。
冬の寒いエリアでは断熱性の高いタイプの玄関が選ばれますが、地域によって選び方もさまざまです。ここでは、断熱と通風が両立する優れた玄関ドアについてまとめてみました。

①スリット付き玄関ドアの実力
ドアを施錠したまま、外気を取り込むことができる「通風ドア」という玄関ドアがLIXILやYKKをはじめ多くのメーカーより製造されています。

スリットを開放しても網戸が貼られているので、防虫対策も◎。上下2段式のスリットであれば、下段だけ開放して湿度や匂いがこもらないようにする、といった使い方もできます。

 

ランマ・ガラス袖・子扉があるタイプで玄関ドアが明り取りの窓も兼ねる!

扉一枚だけですと採光用窓の数やスペースも限られますが、扉上部のランマ、扉横の袖、子扉がついた親子タイプの玄関であれば、これらのスペースが擦りガラスになっている玄関ドアがおすすめです。明り取りの窓代わりにすることができます。
ガラスもお住いの地域にあった断熱性能のものを組み合わせることができるので、採光と断熱は十分に両立可能です。

 

 気に入ったドアを選ぶというシンプルな選択肢も

採光や通風という機能面での選び方をご紹介しておりますが、古くなり傷んだ玄関を新しくしたい、もっとオシャレな玄関に変えたいという要望ももちろん大切です。
デザイン面や予算など、自分の優先項目を決めておくのもリフォーム成功の秘訣になります。

 

人気メーカーのドアをご紹介

 

LIXIL(リクシル)

LIXILの玄関ドアなら、以下のような性能を備えています。

風が通る:ドアを閉めたまま採風。採風部分は、サッと開けられる縦すべり機構を採用。
明るい:大きなガラス開口のドアで、たっぷり光を採り込めます。
大開口 腰窓 スリット:大きなガラス開口がない場合も、子扉・袖で採光することが可能
断熱性能:開口部から逃げる熱を遮断する、断熱性能を高めるドアのリフォーム。
防犯:泥棒や不審者から大切な家族を守るロックシステム。ガラス破り対策に有効な「セキュリティサムターン」

クリエアR

ピッキング対策効果のある2ロック玄関ドア。個性的なデザインとリーズナブルな価格で、新築にもリフォームにも幅広く使えます。

 ブレナスX

アルミドアのスタンダード。ワンランク上の基本性能、高い防犯性に快適性も充実した玄関ドア。上質な毎日に欠かせない、快適性能が充実。ドアガードやシリンダーなどの細部にいたるまで、「毎日の使いやすさ」にこだわっています

ジエスタ2

豊富なデザイン・ラインアップで、住宅のコンセプトやスタイルをしっかりと体現した玄関ドア。細部の美しさまで磨き上げ、住まいの個性づくりを実現します。
爽やかな空気を採り込んで、家の空気をリフレッシュし、玄関を光あふれる空間にします。

グランデル2

日本トップクラスの断熱性能を備えた玄関ドア。1年を通して快適な暮らしを実現します。
冬場はリビングから一歩出ると寒くてツラい。この温度差を抑えることで、健やかな毎日を過ごせます。

リフォーム用ドア「リシェント玄関ドア3」

玄関ドアから採り込める光の量はドアのデザインによって変わるもの。大きなガラス開口のデザインなら、明かり採りの窓代わりにもなります。
リフォーム用ドア「リシェント」なら、さまざまなタイプの玄関に対応し、思い通りのリフォームを実現します。

 

YKK AP

アルミ建材に関するたしかな技術と高いデザイン性により、一人ひとりの想いに応える充実した商品ラインナップが魅力の玄関ドアメーカーです。

プロント

飽きのこないデザインとリーズナブルな価格の、ベーシックなアルミ製玄関ドア。
2ロックのシリンダー錠を採用した、飽きのこないデザイン。商品色を一新し、エクステリアとのコーディネイトで統一感のあるエントランスまわりを演出できます。

ウェナート

多彩なデザイン&カラーをラインアップ。素材感を活かしたプレミアムな高断熱玄関ドア
シリーズ。豊富なデザインとカラーを誇り、2ロックのシリンダー錠を採用しています。細部のディテールにこだわった美しい仕上りが自慢。断熱仕様は3タイプに設定されているので、住まいの地域に適したものを選べます。

イノベスト

業界トップクラスの断熱性を実現した、住まいを快適にする玄関ドア。
断熱性、意匠性、使い心地、すべてにおいてハイクオリティをめざして誕生した高断熱玄関ドアです。上質素材にこだわり最上クラスの断熱性を誇るD70、豊富なデザイン・バリエーションのD50の2タイプが用意されています。

 

引き戸

両手がふさがっていても安心。子どもだけでの出入りも安心
大きな荷物の出し入れが楽になるうえ、開けっ放しにできるので、換気、通風にも効果的な引き戸タイプの玄関ドアです。

コンコート

「Natural & Comfort」をコンセプトに、デザイン・カラーや機能が大きく進化させた断熱スライディングドア。
住む人の毎日をより快適に、より美しく彩ります。
「スマートコントロールキー」で開け閉めしやすくなったうえ、開閉や出入りをかんたんにする、便利な機能が満載です。

れん樹

伝統的な和風からモダンスタイルの住宅まで対応し、もっと心地よく、上質なくらしを実現する玄関引戸です。
断熱性に優れた複層ガラスが選択可能で、夏も冬も快適な住まい環境になります。住宅スタイル別に多彩なデザインとカラーを揃っているので、住まいの外観やお好みに合せて、ぴったりの玄関引戸がえらべます。

 

 

玄関リフォームで理想の玄関を

お悩み(ニーズ)がわかると、リフォームプランが見えてくる

ここまでお読みになって、「うちの玄関もそうだ。もっとこうしたい」という課題が見えてきましたでしょうか?
私達がプランをご提案する時に、最初にお伺いしたいこと、確認したいことも、お客様の心の奥底にある「こうしたい!」の部分なのです。

ここまで来たら、あとは落とし込んでいく作業になります。あなたの「こうしたい!」を形にしていきましょう。

デザインだって重要なニーズ、まずは玄関の見た目から気軽にピックアップしてみましょう。

まずはご自宅の今の玄関が開き戸(ドア)・引き戸のどちらかを確認して、現状のまま交換するのか形状ごと変えるのか、からスタートします。通常はそのまま新しくするのですが、バリアフリー化のために扉を引き戸に変更されるケースもあります。

例:メーカーや価格比較サイトにてキーワード検索する
「玄関ドア リフォーム用」「玄関 断熱ドア」などをキーワード入力して選んでみましょう。様々なメーカーのドアが表示されていると思います。ひとまず価格等は考えずに見た目や色、ドアノブの形等気に入ったものをいくつか選びます。
PCやスマホでご覧になっていたら、ブックマークしたり画面をスクリーンショットしたりして、お気に入りの玄関メモをためておきましょう。
色や形を含めた「こんな感じのドアで…」とご希望の玄関ドアイメージが伝われば、採光や通風などの欲しい機能は他の建材を組み合わせることで実現させたり、近いデザインで欲しい機能があるものをご提案できるようになります。

見た目から入る、でも全く問題ありません。

ドアだけでなく収納や広さ等も検討するなら、大手メーカーページに掲載されている玄関の施工事例でイメージしてみるのもいいですね。

窓設置の有無、カバー工法で行けるか否かでコストと工期は変わる

窓のタイプによっても変わりますが、玄関に窓を1つ設置した場合、ドアまわりだけの工事に比べて数万円から最大10万円が上乗せとなります。ドアだけなら即日で完了の工事も窓の設置の分、日数(工期)が伸びることは確実です。

玄関周りのリフォームの場合、30~50万円前後のご予算でご成約に至る方がほぼ半数です。仮に窓の設置で10万円の差がでるとしたら、かなり大きいですよね。

また、引き戸から開き戸、開き戸から引き戸の工事も可能ですが、その場合も元からあった玄関ドア枠をそのまま使用する「カバー工法」を用いることができなくなり、工費は通常より高く、工期も長くなります。

玄関ドアから見えてくる、あなたの家全体のお悩み・課題

ここまで、玄関ドア、窓、収納など玄関スペースに限った話を中心にお届けしてきました。
玄関で明らかになった課題を振り返ってみた時に、玄関以外の場所にも同じようなお悩みが残っていませんか?

日中の日当たり、湿気や風通し、断熱、防犯、収納…

ご自宅全体で考えた時に、玄関と同様なお悩みに気づく、見えてくることがあります。
玄関を考えることは、ご自宅全体の改善を考える「入り口」でもあるのです。

 

具体的なリフォーム事例

簡単リフォーム

耐久性のあるアルミ製の玄関ドアに交換

1枚の片開きタイプの玄関ドアを、「カバー工法」で交換した場合の費用です。

製品代金 アルミ製の玄関ドア 18万円
工事費用 玄関ドアの交換 6万円
総額 24万円

 

しっかりリフォーム

玄関の間口を変更
玄関ドアの交換に伴い、玄関の間口サイズを変更する際の費用です。
内装材や外装を張り替える工事も必要になるので、施工費用が高くなります。「出入り口が狭くて不便」と感じている方におススメです。

製品代金 玄関ドア 20万円
工事費用 間口変更・ドア交換工事 15万円
総額 35万円

 

大規模リフォーム

玄関ドア交換と収納造作
玄関ドアの交換とあわせて、壁面収納を造作したリフォーム。壁面収納を設置する場合は、天井や壁などの内装工事を行うため施工費用が高額になります。

製品代金 玄関ドア 22万円
工事費用 玄関ドア交換
壁面収納造作
10万円
20万円
総額 52万円

 

 

玄関からはじまる、家と人が幸せになるリフォーム

スマシアの強み

ここまで玄関のリフォーム実現のためのコツやヒントをお伝えしてきました。
やりたいことを全部書き出してみて、マストなものから優先順位をつけてみましょう。
ご予算の上限が決まっている場合は、スリットのある玄関ドアなど機能性の高い建材を採用することで工期と予算をさらに圧縮できることがあります。

ご自宅の玄関で困っていること、こうしたいというイメージが固まったら、ぜひ弊社にご相談ください。

スマシアの強みである、
① 在籍の自社職人から、お客様の要望に対して迅速に対応できる。
② 自社施工による、中間マージンや経費をカットすることで価格でもご要望にお答えしやすい。
③ 新潟県上越市と中越市に事業所があるので、県内のお客様との距離感が近い。

この3つの強みで、ご納得の行くご提案をしていきます。

家は人が毎日暮らし、過ごし、使う場所、そして長く思い出にのこる場所でもあります。
10年経っても20年経っても、良かったと思えるリフォームを実現できるよう、弊社も真心をこめてご提案から施工まで対応させていただきます。

あなたのお家の中にある、困っていること、かなえたいことを、私達にぜひお聞かせください。

 

まとめ

玄関は家族が出入りすると同時に、家の中を守ってくれる大事な場所。それだけに性能がよく、快適な場所にしたいですよね。
さらに、運気がアップして、住む人を幸せにしてくれるなら、真剣に考えなければなりません。
信頼できるリフォーム会社と相談しながら、家族のスタイルに合った、使いやすい玄関、風通しがよく居心地のいい玄関にしていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今ならWEBからのお問合わせで最大4つの特典付き
1
お問い合わせいただいた方に
失敗しない満足いく
リフォーム辞典を

プレゼント
リフォーム辞典

2
どんな小さなリフォーム工事もご相談ください。
WEBからのお申し込みで
ご成約の場合、
全てのリフォーム工事が

10%OFF

3
10万円以上のお客様には
壁紙補修キット
プレゼント
壁紙補修キット

4
30万円以上のお客様には
アクセント壁紙一面
無料施工
アクセント壁紙一面
特典付きのお申し込みはこちらより
LINEからお見積り
新着情報一覧
© 2018 職人のリフォーム店.