キッチンリフォームで毎日の料理を快適に! 人気スタイルと費用を詳しく解説

毎日使うキッチンは、できるだけ使いやすくしておきたいもの。少しの不便さでも、日々の積み重ねが意外とあなたのストレスになっているかもしれません。

使い勝手が快適で手入れのしやすいキッチンなら、無駄な手間を省けて時短になることはもちろん、今までしなかったようなメニューに挑戦したくなるなど、きっと毎日の料理が楽しくなるはずです。

何年経ったらリフォームするもの? どんな風にリフォームできる? 価格は? リフォーム会社はどうやって選べばいいの?などなど、気になるあれこれを考えてみましょう。

目次

キッチンリフォームのタイミングは?

キッチンにこんな症状が出てきたら、リフォームの時期かもしれません。些細なことでもそのままにしておくと、大きな損傷やトラブルにつながる恐れがあります。料理をするだけでなく、家族とのコミュニケーションの場として、また安全面や節約の面からも、リフォームのタイミングをしっかり把握していきましょう。

あなたのキッチン、こんな困りごとはありませんか?

キッチン周りで生じる悩みやトラブルには、以下のようなものがあります。

収納が足りない

・調理台下の収納スペースは、覗き込まないといけない上に奥行きがあり取り出しにくい
・サイズがバラバラのフライパンや鍋がかさばって収納しきれない
・大きいお皿や調理器具などをしまうスペースがない
・たまにしか使わない調理器具は奥まってしまい、出すのが億劫になる、
・いざ使うときになって、どこにしまったかわからず見つからない

食器や調理器具のほか、食材や調味料のストックなど、いろいろと揃えておきたいものがあります。それらがすぐにわかる場所に収納されないと、いざ使うときに不便を感じてしまいます。

体型に合わない

・上部の収納は手が届かず、毎回踏み台を使わなければいけない
・調理台の高さが慎重に合わず、長時間立っていることで腰を痛めてしまう
・何度も同じ場所に手や足をぶつけてしまう

キッチンで作業する時間は、思いのほか長くなりがちです。そのため、無理な姿勢をしていると肩や腰を痛めたり、疲れがひどくなってしまいます。
また、いちいち台に乗らないと手が届かないのは、けっこう不便です。

機能、設備の故障

ビルトインのオーブンや食器洗浄機が壊れた、ガスコンロの火がつかない、ディスポーサーがうまく機能しないなど、備え付けの設備が故障してしまうこともよくあります。部分的に交換ができればいいのですが、近い将来にキッチン自体を交換する可能性があるなら、ビルトインの設備だけ取り換えるのはかえってもったいないことになってしまいます。

つまり、水漏れ、カビ、サビなど老朽化

カビやサビなどといった老朽化、水漏れ、排水が詰まる、臭いがとれないなど、年数が経つことにより、水回りが使えなくなっていくことがあります。
食材の残りや、油汚れなどにより、予想以上に傷むのが早くなりがちです。

 

キッチンにも寿命が。定期的なアップデートが必要

購入した時は新品のものでも、毎日使っていれば所々に故障や経年劣化が起きてしまうことは避けられません。
例えば、キッチンの床材や壁材の変色または剥がれが起きる、頑固な油汚れやカビが取れない、部品交換では修理ができない水漏れ、換気扇・食器洗浄乾燥機・レンジフードなどの故障や劣化など。
これらのトラブルは耐久年数が過ぎてしまうと、他の部分も次々と不具合を起こす可能性があります。もし、そのような場合はキッチンの寿命が近づいているサインと考えましょう。

キッチンの寿命は、だいたいの目安を10年または15年程度と考え、定期的にアップデートしていくようにリフォームを考えておくことが必要です。

 

ライフスタイルの変化に合わせたキッチンづくりを

家族が増えたり子どもが大きくなることで、リフォームを考え始める方も多くいます。

家族や一緒に住む人の数が増えると、その分人数に対応できるだけの作業スペースやシンクが必要となり、食器や調理器具が増えればおのずと収納も手狭になってしまいます。調理スペースとは別に、配膳や盛り付けのための余裕のスペースも必要です。

小さなお子様のいる家庭では、「リビングで遊ぶ様子や勉強をする様子を見ながら料理ができるようにしたい」、「大きくなったお子様と一緒にキッチンに立てるようにしたい」といったニーズも多くなっています。

以前は作業を中心と考えられていたキッチンですが、近年では家族とのコミュニケーションを楽しむスペースとして使いたいと考える方が増えています。

高齢になったときのため、早い段階からバリアフリー仕様にしておきたいという場合もあります。

 

メーカーの技術革新で、10年前と比べると大きく進化している

「うちのキッチンも古くなってきたけど、まだ使えないことはないし…」と踏み切れない方もいるかもしれませんが、ここ10年程ではキッチンは大きく進化しています。

共働き世帯が増えるなどの生活環境の変化や、それに合わせた各メーカーの技術革新によって、料理も掃除もしやすくデザイン性が高いのはもちろんのこと、光熱費や安全面など様々な視点でグレードが高まっています。

節水しながらホースが引き延ばして使えるシャワー型の水栓や、火災時に火の消し忘れ消火機能、地震による落下物を防ぐ工夫のされた戸棚など、エコで安全面に配慮された設備は、今や当たり前になりつつあります。

汚れにくく、手入れがしやすい。作業動線のいい配置と、出し入れしやすい収納。同じように使っているだけでエコで経済的。万が一の地震や火災にも安全性の高い設備。今どきのキッチンには、各メーカーの先進技術が結集しています。

 

キッチンリフォーム成功のカギは?

「憧れのアイランドキッチンってやっぱりステキ」「カフェのようなカウンターもつけたい」と、リフォーム事例などを見るとどんどん理想は膨らみますが、すべてを叶えようとすると工期も費用も莫大に膨らんでしまいます。本当にあなたのキッチンに必要なものか、「そもそもリフォームをする目的は?」という部分を忘れてはいけません。

「あなたのどんな問題を解消したいのか」を明確にしておくことが、リフォーム成功のカギとなります。リフォームの構想を練る際に必要な3つのポイントを紹介します。

 

現状の問題点を挙げ、優先させたいポイントに順位をつける

まず初めに、今のキッチンの問題点を挙げてみましょう。その際、単純に「広くしたい」などではなく「シンク横に、水切りスペースを20㎝とりたい」「身長に合わせてキッチンの高さを2㎝下げたい」など、できるだけ具体的に考えてみましょう。

今の問題点を挙げられたら「これは絶対解決したい」というものから順に並べて、優先順位をつけましょう。問題点を挙げて、優先順に並べてみることで「これはそこまで必要じゃないかな」というように目的が絞られていくうえに、リフォーム後、この部分が解決できてよかった、という満足感にもつながります。決して安い買い物ではないリフォームを、納得いくものにするためには大切なポイントといえます。

 

現状のキッチンの大きさ、部屋の広さを測っておく

次に必要なのは、現状の大きさを測っておくことです。現在の広さを知っておくことで、あと何㎝広くしたいのか、調理スペース、シンク、配膳スペースや、家電の置き場所をどのくらい、奥行きはどのくらい必要なのかが分かります。

寸法を測っておく場所

・キッチンの幅
・カウンターの高さ
・カウンターの奥行き
・調理スペース
・天井の高さ
・吊戸棚の高さ

 

キッチンのみ?LDK全体?リフォームする範囲と予算は?

解消したい問題点の優先順位が分かって、現状のキッチンの広さが分かったら、あとはどの範囲まで修繕するのかを考えましょう。範囲が決まると、おおよその予算も分かりやすくなります。
一般的に、キッチンリフォームの価格帯の中心は50万円~150万円です。最も多くの方がリフォームするのは、システムキッチンの入れ替えです。新たに導入するシステムキッチン自体の性能やグレードによって、費用が変わります。そして、それに合わせて壁紙や床材もリフォームする、ということになるとさらに費用がかかります。

壁付けキッチンをL型キッチンに変えたり、対面式キッチンに位置変更したり、という検討をされている方も多いと思います。壁付けキッチンをアイランドキッチンにしたい、というような場合は、キッチンだけでなくLDK全体の配置バランスを考える必要があります。

また、基本的にキッチンを移動する場合には、水道・ガス・電気などの配管の工事を伴うため、高い費用が掛かります。逆に、ガスコンロやオーブンの取り換え、レンジフードの交換や食洗器の後付けなど、部分的な工事であれば日数もかからず手軽な費用で工事ができます。

理想のスタイルと、現状の広さ、予算などを照らし合わせながら失敗のないリフォームプランを練りましょう。

 

あなたに合うキッチンはどんなスタイル?

自分のこだわりを実現するためにどのようなキッチンを選べばいいか迷う方も多いと思います。
自分にはどんなスタイルのキッチンが合うのか、それぞれのスタイルと特徴を見ていきましょう。

最近のキッチンによく選ばれている、I型、L型、ペニンシュラ型、アイランド型の4つのスタイルを紹介します。

シンプルでスタンダードなI型キッチン

キッチンスタイルの中で、もっともよく導入されているのがI型です。コンロ、シンク、調理台が1列に並んだキッチンのことで、壁に沿って配置されることが多いです。

I型キッチンのメリットは、設置のためのスペースを抑えることができるため、狭いキッチンでも広く使えるようになることです。できる限りスペースを有効活用したい、という方に向いています。インテリアとのコーディネートもしやすいため、最近人気のDIYが好きな方、見せる収納でおしゃれなキッチンを作りたい方にもおすすめです。

デメリットとしては、調理の際は壁に向かっているので、リビングで遊ぶ子どもの様子が見えなくなってしまいます。

また、キッチン部分が見えてしまうため、汚れやゴミが目に入ったり、食器や調理器具の配置まで見えてしまうので、こまめな整頓が必要です。

 

動きやすく、作業スペースが広々とれるL型キッチン

コンロとシンクの部分が90度で向かい合い、その名の通り「L」字の形をしたキッチンです。海外映画などでもよく見るという方も多いのではないでしょうか。

L型キッチンの最大の特徴は、調理などの作業スペースが広くとれる点です。配膳のためにお皿を並べたり、調理済みの鍋を置いたり、という余裕のある使い方ができます。また、左右に移動することなく90度に身体を向けるだけでシンクとコンロの両方の作業ができるなど、ムダのない作業動線が実現可能です。

広いスペースを活かして、夫婦や子どもと一緒にキッチンに立ちたい方は、楽しい料理の時間を過ごすことができるでしょう。
デメリットとしては、シンクとコンロの場所が近すぎても遠すぎても使いづらくなってしまったり、他のスタイルと比べると冷蔵庫や食器棚のスペースを確保しにくい点があります。

また、シンプルなI型キッチンと比べると予算が高くなることも考えておく必要があります。

L型キッチンについてもっと詳しく知りたい!

 

広々見せる開放感と、実用性を兼ね備えたペニンシュラ型キッチン

キッチンの右端か左端かのどちらかが壁に接したオープンキッチンをペニンシュラ型といいます。次に紹介するアイランドキッチンと並んで、開放感のある人気のスタイルです。ちなみにペニンシュラとは「半島」の意味で、壁から半島が突き出たようなレイアウトです。

馴染みのあるI型とも似ていますが、従来のものよりカウンターの奥行きが広く、ダイニング側にも収納をつけたり、椅子を用意してテーブルカウンターのように使うこともできます。

ペニンシュラ型のメリットは、なによりも広々として開放感があることです。料理をしながらリビングやダイニングの方向を向けるので、カウンターに座った人と会話ができたり、家族の様子が見えてコミュニケーションをとることが可能です。作業スペースのほかに、配膳などの場所を確保できるうえに、見せる収納と隠す収納を、バランスよくとることができます。

デメリットとしては、目隠しの少ないオープンなスタイルのため、来客時にも調理スペースが丸見えになることや、料理中の煙やにおいの対策が必要な場合もあります。油跳ね防止のパネルをつけたり、換気機能の高いレンジフードを取り入れておくと安心です。

オープンスペースと、洗練されたスタイルが憧れのアイランド型キッチン

アイランドキッチンは、壁に隣接する面が一つもなくキッチンだけ海に浮かぶ島のように独立したスタイルのキッチンです。一般的にキッチン上部についている吊戸棚などはなく、オープンスタイルで、モデルルームやドラマなどでよく目にして憧れる方も多いのではないでしょうか。

アイランドキッチンの一番のメリットは、スタイリッシュでデザイン性が高く、一気に洗練されたな空間になることです。広々としたキッチンスペースは高級感にあふれています。視線を遮るものが何もなく、家族とのコミュニケーションを取りやすく、複数人でもキッチンに立てるため、来客や集まりが多い方は、キッチンを中心として素敵な時間を過ごしやすいでしょう。

デメリットとしては、あらゆる角度に対してもオープンなスタイルであるため、整理整頓をまめにしていなければ洗練されたスタイリッシュなキッチンも台無しになってしまします。

どうしても部屋全体ににおいや煙が充満しやすいことや、水や油はねにも気を配る必要があり、大きな換気扇やパネルの設置などが必要になってきます。

アイランドキッチンにするには広いスペースが必要なことと、なによりも一番ネックとなるのが費用です。他のキッチンよりも高くなる場合が多いので、予算との兼ね合いを考えすことが必要です。

 

キッチンのリフォームにかかる費用の目安は?

リフォームにかかる費用には、どんな費用が掛かるのでしょうか。主に、システムキッチンや食洗器やレンジフードなど入れ替えるものの本体価格、設置するための工事費、床材や壁材などの周辺工事の材料費などがあります。

 

ガスコンロの交換や、ビルトインオーブンの取り替え

機器代金
ガスコンロ
ビルトインオーブン
5万円
10万円
工事費用
ガスコンロとビルトインオーブンの取り替え
5万円
総額 20万円

 

システムキッチンの交換

同じ位置であれば、電機の配線やガスや水などの配管も比較的簡単な工事で済みます。キッチン本体によって価格が大きく変わってきます。

機器代金
間口1800mmのシステムキッチン
25万円
工事費用
システムキッチンの取り替え
25万円
総額 50万円

 

大型システムキッチン交換・内装補修

古いキッチンの撤去費用・床や壁などの補修費用・水やガスの配管費用などが必要です。床や壁の補修範囲が広かったり、別途補強工事が必要な場合は費用がアップすることもあります。

機器代金
間口2550mmのシステムキッチン
75万円
工事費用
システムキッチンの交換内装の補修
25万円
10万円
総額 110万円

 

壁付けシステムキッチンをペニンシュラ型に

システムキッチン自体の設置に加えて、ダイニング・キッチンのフローリング、給排水のための配管工事、排気用のダクト工事、照明の取り替えによる電気工事、古いキッチン撤去後の壁や床の補修工事などが必要になります。

機器代金
間口2550mmのシステムキッチン
100万円
工事費用
システムキッチンの交換および、
交換に伴う配管工事や内装の一新など
100万円
総額 200万円

 

壁付けシステムキッチンをアイランド型に

キッチン周辺の内装工事や、床の全面張替えなどが必要になるので、材料費や工事費など、床面積が広ければ広いほど費用は高くなります。そして、電機の配線やガスや水などの配管、レンジフードの位置によっては排気ダクトを延長する工事費用も必要になります。

機器代金
アイランド型のシステムキッチン
200万円
工事費用
システムキッチンの交換および、
交換に伴う配管工事や内装の一新など
200万円
総額 400万円

 

 

人気メーカーのキッチンをご紹介!

LIXILアレスタ

ひろびろシンク
ステンレスと人造大理石から素材を選べるアレスタのシンク。どちらも使い勝手が良く、お手入れも簡単です。調理や片付けを同時進行できるプレートや、吐水・止水が自動でできるセンサー付水栓など、水まわりの作業を快適にする工夫がたくさん詰まっています。

ハンズフリー水栓
吐水口に内蔵されたセンサーが物や手の位置と動きを感知して、吐水も止水も自動で行います。シンク作業がラクになって、節水もできる水栓です。

収納
奥行きがあり、立体構造の引出し大容量引出し。目の高さにあって一番使いやすいアイレベルの収納や、ダイニング側も収納として使える対面キッチンユニット、家電収納などのオプションも揃っています。

食器や食材をたっぷりしまえる大型収納をはじめ、豊富な機能とサイズから暮らしに合った収納が選択できます。

I型 588,000円~
L型 728,000円~
ペニンシュラ型 838,000円~

本体+工事費込み

リクシル(LIXIL)リフォームについての詳しい解説はこちら

 

クリナップ クリンレディ

流レールシンク
30年以上、磨き続けてきた品質が自慢。とくに注目したのは、シンクの水の流れ。排水口までごみを運ぶ水路を計算し尽くし、日々の調理をラクなものにしています。
汚れにくく、洗いやすいのが特長です。

その他にも、換気扇のファンとフィルターを自動洗浄できる画期的なレンジフードや、収納を効率的に考えて生まれた、大容量が自慢の引出し式収納。
いつも使うものは手元からサッと取り出すことができ、使用頻度の低いものは足元にストックできるなど、適材適所の収納を実現します。

I型 688,000円~
L型 798,000円~
ペニンシュラ型 1058,000円~
アイランド型 1,080,000円~

本体+工事費込み

 

クリナップ ラクエラ

キッチンは家具と考え、インテリアの組み合わせを楽しむキッチンです。
木目柄・タイル柄・鏡面など、38色の扉カラーが用意され、ワークトップも5色のアクリストンやステンレスから自由に選べるので、自分だけの組み合わせを楽しめます。

必要なものをサッと取り出せる、一歩進んだ収納も魅力です。

I型 518,000円~
L型 658,000円~
ペニンシュラ型 758,000円~

本体+工事費込み

クリナップキッチンについてもっと知りたい!

 

絶対失敗したくない!リフォーム会社の選び方

費用や目的に合ったリフォームをするには、専門家からのアドバイスは不可欠です。せっかくたくさんの時間とお金をかけるのに、納得がいかないものになってしまった、実際に使ってみたら使いにくくて後悔したということがないように、リフォーム会社は慎重に選びたいものです。

実際に選ぶときに参考にしておきたいポイントをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

 

女性目線のアドバイスが受けられる

毎日使うものだからこそ、女性の目線でリフォームを考え、女性目線のアドバイスが受けられるかどうかは、大切なポイントになります。いくら最新の機能や技術面を詳しく説明されても、実際に必要な情報で、あなたに合ったアドバイスでなければ意味がありません。

女性に相談できるリフォーム会社であれば、毎日使う奥様と同じ目線に立って、女性ならではの感性で、快適な空間づくりが目指せます。

 

モデルルームなどで実物を見ることができる

設備や建材は、できるだけ実物を見ることが大切です。資料や写真で見るだけでは、仕上がりイメージがつきにくくなります。実際のものを見てみると「思ったより理想のイメージと近かった」「実際に触ってみて便利さが分かった」など、新たな発見があるはずです。

逆に、「思っていたものと違った」「実際に見たら違う色の方がよかった」などと不要なものや変更した方がよい点に気づける場合もあります。リビングやダイニングとの相性や、ご自宅のインテリアとの相性、使い勝手の良さなど、リフォーム後の暮らしのイメージを具体的に感じることができるはずです。

 

内訳まで費用が明確に提示されること

なんとなく選んだリフォーム会社に頼んだら、工事の範囲や内容が明確でなく、気づいたら多額の費用を請求されてしまった、というお金のトラブルは少なくありません。
見積や図面があるからと安心せず、どこにいくらかかるのか、内訳まで説明してくれるリフォーム会社なのかどうかを見極める必要があります。

例えば、見積書の段階で注意したいのは、工期が明記されておらずいつまで経っても終わらない、前払いなのか竣工払いなのか支払い条件が不明、工事内容が「一式」とだけ記載されて内容が明確でない、値引きの根拠が不明確、などがあります。ひとつひとつ、何が、どこに、いくらかかるのか、その内訳まで説明してくれるかどうかが大切です。

 

最後まで責任をもって携わってくれるか

その会社で、過去にどのような事例があるか見ておくのもリフォーム会社を選ぶポイントの一つです。事例がたくさんあるのであれば、それだけ選ぶ方が多い会社ということになります。同じようなリフォームをしている事例があれば、イメージもつきやすくなります。

リフォーム会社の中には、自分の会社で受けた仕事を、下請け会社へ一括下請けするというケースもあります。これを丸投げといいます。契約前は丁寧に話を聞いたり説明をしてくれたのに、いざ施工となると全く別の会社に投げてしまうのでは、細かな要望がきちんと伝わっているのか不安になりますよね。営業、設計、施工と、それぞれに担当者がいると、言った言わないというトラブルの元が発生するリスクが高くなってしまいます。

 

理想のキッチンづくりを細部まで相談しやすいか

きちんと依頼側の話を聞いてくれて、丁寧な対応をしてくれるかは大切です。信頼できる担当者で選ぶ、というのもひとつです。特に住宅のことは、専門用語が多いため、依頼者側にもわかるように説明してくれているかもしっかりと見極めましょう。

悪徳な業者であれば、わざと専門用語ばかりを並べて説明を分かりにくくする、調子のいいことばかりを言う、言ったことをやらない、約束を守らない、などの会社は要注意です。そのような傾向が少しでもみられる場合、大きな問題になる可能性も高くなってしまいます。

また、聞きたいことや頼みたいことがあっても、なんとなく聞きづらい、という場合は、思ったことを我慢したまま工事を進めてしまい、結果的に満足のいかないリフォームになった、ということになりかねません。疑問点や希望を、親身になって答えたり提案してくれる会社であるかどうかは、大事なポイントです。

 

リフォーム後も付き合いができる会社かどうか

リフォーム工事完了後の保証やアフターサービスがしっかりしているか、というのもリフォーム会社を選ぶ際にきちんと知っておきたいポイントです。工事が終わった直後ではわからなかった部分も、実際に住み始めてから疑問点が出てくる場合もあります。
リフォームが終わった後でも、気になる点があれば相談することができるか、調整が可能かどうかも確認しておきましょう。

どのくらいの期間で、いつまでアフターサービスを受けられるのか、保証期間はいつまであるのか、不具合が起きて修理が必要な場合はどこまで無料で、どこから有料になるのか、などはいざというときに慌てずに済むよう、あらかじめ確認しておきましょう。キッチン以外の、その他の場所も頼みたくなるようなリフォーム会社を選ぶことができると安心です。

 

あなたのキッチンづくりをお任せください。スマシアの特長

職人だけの集団です。営業マンはいません

実際にリフォームをする職人が、お客様のご希望やご相談をお聞きします。職人ならではの目線で、具体的な施工内容の提案、アドバイスが行えます。

多くのリフォーム会社の場合、営業担当者と施工者は会社も違うことが多く、きちんと要望が伝わっているのか不安、ということがありますが、当社ならその心配はありません。お客様の声を、最初から実際に聞いているからこそ、お客様のことを第一に考えた丁寧な施工ができます。

 

無駄なコストを徹底カットできるのも、職人集団ならでは

最初のご相談から、実際のリフォーム工事まで、すべて職人が携わりますので、間に業者を挟むことがなく、無駄なコストは一切かかりません。限られたご予算の中でも、お客様の理想のリフォームになるべく近づけるようなプランを一緒に実現させましょう。

 

地元密着だからスピード対応。どんな小さなリフォームも請け負います

地元新潟を大切にしたい。地域密着だからこそ、どんな小さなリフォームでも職人が駆けつけて対応します。緊急時にはスピード対応できるのも、私たちの強みです。「小さな工事だから相談するのは申し訳ない」などと思わずに、なんでもご相談ください。

 

女性職人も活躍中。女性らしい、かわいいリフォームもお任せください

最近大変好評をいただいているのは、女性職人です。女性の職人がいるから当社に頼んだ、というお客様もいらっしゃいます。女性ならではの細かい配慮と、男性にはできない繊細な仕事に定評があります。テレビや雑誌で見た理想のかわいいリフォームも、女性職人が叶えます。

 

自社職人が、責任をもって工事します

当社では、自社の職人が打ち合わせから商談、施工までを実施します。他の会社を挟まないため、お客様とのやり取りもスムーズです。リフォームの際、複数の会社が携わるために発生しがちなトラブルも、心配ありません。

職人だからと言って、工事だけがうまくいけばよいのではなく、お客様とのコミュニケーションやプランニングの段階から、快適なリフォームを最後まで行うことが私たちの仕事です。

 

リピート率90%越え!同業も認める実力と信頼

一度リフォーム工事を行って、別の部分もリフォームしたいと思ったとき、少しでも不快な思いをした会社には2度も頼みたくはないものです。しかし、当社のリピート率は90%を超えており、この数字は業界でも高く評価されています。ただ単に安いから、というわけではなく、高い技術力で、ライバル会社からも認められています。

 

インテリアコーディネートの専門店

当社は、オーダーカーテンや輸入インテリアの販売を行うインテリアコーディネート専門店RiBe-Le(リーベル)を運営しています。リーフォームの際に必要な、理想の住まいづくりに必要なカーテンや世界各国の輸入インテリア家具を提案できます。

 

新潟県内、全域どこでも対応

新潟県内の上越と中越に営業所を構えていますので、県内全域に出張が可能です。どんな小さな工事でも、県内すべての地域に迅速に駆けつけます。「お客様とのつながりを大切にしたい」を行動で実践するためにも、どこへでも、できるだけ素早くお客様の元へお伺いすることは、私たちにとって当たり前のことです。

 

ご相談、お問い合わせからスピーディに対応します

即日スピード対応を心掛け、お客様にストレスがかからない提案を心掛けています。特にお問い合わせからのご連絡や、お見積もりの提示など、契約が決まる前のことでもすべて丁寧、スピーディに対応します。もちろん、契約後でも何か不明なことがあればすぐにお尋ねいただけるよう、お客様との信頼関係づくりを大切にします。

 

平均年齢は30代。アクティブで技術力のあるサービスをお約束します

当社の社員はほとんどがスポーツ経験者です。そのうち4名はインターハイや国体などに出場経験があるスタッフがいます。そのうえ職人の平均年齢は30代と、若くてアクティブな仕事ができます。スポーツ経験で培った気力、体力、潔さが、自然と活かされ、お客様に実直で明るく、気持ちのいい接客だと、お褒めの言葉をよくいただきます。

 

まとめ

キッチンのリフォームは多くの人が初めてで、分からないことばかり。理想のキッチンスタイルや、リフォーム会社選び一つでも、たくさんの情報に流されてしまったり、迷うことがたくさんあります。

そんなときは、目的や優先順位をはっきりさせてから、検討することが大切です。流行や、見た目やデザインだけで選んでいては、家族構成やライフスタイルなどあなたに合ったものにならず、せっかくたくさんのお金と時間をかけてリフォームしても、かえって不便になったり、満足いかずに悲しい思いをしてしまうこともあります。

そうならないためには、家族の状況や将来設計に合わせた作りにすることと、信頼のおけるリフォーム会社を選び、リフォームの過程を楽しみながら、自分の好みや願望とをうまく盛り込んで、悔いのない住まい環境づくりをしていきましょう。

 

2 thoughts on “キッチンリフォームで毎日の料理を快適に! 人気スタイルと費用を詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今ならWEBからのお問合わせで最大4つの特典付き
1
お問い合わせいただいた方に
失敗しない満足いく
リフォーム辞典を

プレゼント
リフォーム辞典

2
どんな小さなリフォーム工事もご相談ください。
WEBからのお申し込みで
ご成約の場合、
全てのリフォーム工事が

10%OFF

3
10万円以上のお客様には
壁紙補修キット
プレゼント
壁紙補修キット

4
30万円以上のお客様には
アクセント壁紙一面
無料施工
アクセント壁紙一面
特典付きのお申し込みはこちらより
LINEからお見積り
新着情報一覧
© 2018 職人のリフォーム店.