リビングとキッチンを一体に! 機能的で広々とした快適LDKにリフォームしよう!

LDKとは「リビング(Living)」「ダイニング(dining)」「キッチン(kitchen)」の頭文字をつなげた言葉。家でくつろぐ場所、食事をするところ、料理を作るところをすべて一体にして大きな一部屋にする間取りのことです。

従来は、それぞれを一部屋として独立させる間取りやキッチンとダイニングは一緒でもリビングは別にするといった間取りが一般的でした。しかし近年、LDKは限られたスペースでも広々と開放的な空間にできるため、住まいの間取りとして大変人気が高まっています。

そこで、この記事ではLDKの魅力とリフォームで快適空間にする秘訣をお伝えします。

 

目次

LDKの魅力とは?

家族とのコミュニケーションが取りやすい

LDKにすることで、料理を作るところから食事や居間でくつろぐ時間まで、家に居るときのほとんどの時間を家族みんなが一緒の空間で過ごすようになります。食事の準備や片付けをしながら、またリビングでゆっくり過ごしながらも、お互い気軽に会話をすることができるので、自然とコミュニケーションをとる機会が増え、住まいの中心として家族団らんの時間をより一層楽しむことができるでしょう。

 

居室空間が広くなり、部屋全体が見渡せる

従来はキッチンとリビングが分かれている間取りが多かったのですが、各部屋を別々に仕切る形にすると、それだけ壁や柱が必要になり一部屋当たりに取れるスペースが狭くなってしまいます。その点、 LDKでは広々とした一つの空間にできるので、居室スペースに余裕が生まれます。

そのうえ部屋全体を見渡せるようになるので、誰がどこで何をしているかが一目でわかりやすくなります。たとえば、キッチンからは料理をしながらダイニングやリビングにいる子どもの様子を見ることができるし、子どもはリビングで遊びながらキッチンの親の姿を確認できるので、お互いに安心して過ごすことができます。

 

キッチンスタイルの選択肢が増える

キッチンは毎日使うところです。キッチンの使い勝手をよくすることは、家事ストレスの軽減につながり、それは日々の生活において非常に重要な役割を担っています。
キッチンには主に、壁付けタイプの I 型 ・L 型と、対面タイプのペニンシュラ型・アイランド型に分かれています。

各キッチンスタイルにはそれぞれ特長があり、使い勝手の良さは家族構成やライフスタイルによって異なります。特に対面タイプのペニンシュラ型やアイランド型は収納や作業スペースが広く取れるのに加えて、作業をしながらリビングにいる家族とコミュニケーションが取りやすくなるため近年人気が高くなっています。

しかし対面キッチンの設置には壁付けタイプよりも広いスペースが必要であり、キッチンスペースの面積によってはやむなく壁付けタイプにせざるを得ない場合もあります。その点LDKにすることで、キッチンスペースに余裕ができるので、広さの心配がなくなりご自分の目的に合わせたキッチンを自由に選ぶことができるようになります。

キッチンリフォームの詳しい解説はこちら

 

部屋全体を一空間としてコーディネートできる

LDKの広い空間を利用して、部屋全体のコーディネートを考えることもリフォームするうえでの楽しみの一つです。

統一感のあるコーディネートのコツとしては、壁や床など部屋の広い面積を占める場所の色や素材から選んでいき、テーブルやソファーなどの大型インテリア、カーテンやクッションなどの布物、照明という順番でレイアウトを決めていくとバランスが取りやすくなります。

せっかくの広い空間ですので、使い勝手だけではなく、見た目にも心地よい自分好みの空間を実現してください。

 

ホームパーティーなど大勢の来客にも対応

開放的で広々とした空間が魅力のLDKなら、大人数の来客があった場合にも、お客様にはそれぞれ思い思いの場所でくつろいでもらうことができます。キッチンへの行き来もしやすく、料理や飲み物の出し入れも簡単なので自宅でのホームパーティーも気軽に開催できます。

またキッチンスペースに余裕があれば、複数人での同時作業もできるようになるので、友人たちと一緒に料理作りを楽しむこともできるでしょう。

 

安心して家と一緒に年を重ねられる空間に

LDKは一つの広い部屋になるので、それぞれの部屋を壁で仕切るよりも柱やドアの数が少なく済み、その分家具と通路の間に余白が生まれます。またワンフロアにすることで無駄な段差も無くすことが可能です。

そのためシニア世代になったときにも、つまずく心配が減り、歩行補助具を使用した場合や車椅子でもスペースに余裕があるので行き来がしやすくなります。LDKなら家と一緒に年を重ねても、ライフスタイルに合わせて長く安心して過ごせる空間が実現できます。

 

収納スペースを確保しやすい

快適な住まいに欠かせないのが収納です。LDKでは空間を一つにまとめることで、一片の壁の面積が広くなる分、壁沿いに収納スペースを設置するだけでも、大容量の収納が確保できるようになります。

また収納もインテリアコーディネートの一部として、写真やご自分の好きなものはあえてオープンキャビネットで「見せる収納」に、生活感の強いものは扉付きキャビネットで「隠す収納」にするなど自由にレイアウトすることができます。

 

家の中の無駄な空間が少なくなる

部屋の数が多いということは、必要な柱や壁も多くなるということです。壁には機能性と耐久性を備えるために最低でも15~20cm程度の厚みが必要です。壁一枚を設置するだけでもその分のスペースを取らなくてはなりません。

一方、LDKでワンルームにすれば、極端ですが部屋の四方に柱と壁があれば成り立ちます。たとえ強度などの関係で柱を増やすことになっても必要最低限の設置で済むので、部屋を無駄に圧迫することはありません。

使用する柱や資材が少ないということは、コスト削減にもなりますし、あまり広い土地ではなくても、リビング、ダイニング、キッチンと一気に視界が開けるので、開放的な部屋の印象を作り出すことも可能です。

 

 

LDKのデメリットって?

空間が広いと光熱費がかかる

LDKにすると一部屋が広くなるので部屋全体の温度は保ちにくくなります。
エアコンであればLDK用の広い面積を補えるタイプの取り付けが必要になりますが、空調を整えるためのパワーがある代わりに光熱費がかかる場合があります。尚且つエアコンの風を部屋全体に送るためには、部屋の空気の循環の仕方にも配慮が必要です。

またエアコンだけでは心地よい室温を保てない場合には、扇風機や床暖房などの設置も検討する必要があります。

いずれにしてもLDKの広いワンルームでは、キッチンやリビングなど部屋ごとに冷暖房を調節できないので、部屋のサイズや機能に合わせた空調設備をきちんと整えなければ、夏は暑く冬は寒いといった光熱費ばかりがかさむような事態に陥ってしまうかもしれません。

 

騒音や匂いの広がりに注意

LDKには部屋に音や匂いを遮るものがありません。そのため調理中の作業音が原因で、見ていたテレビの音が聞こえづらかったり、反対に家族の人と話をしているときにテレビ音が邪魔に感じてしまうかもしれません。匂いに関しても同様です。料理の匂いが部屋中に充満して、ソファーやカーテンに匂いがついてしまう心配もあります。

 

来客時に他のことができない

キッチンとリビングがそれぞれ分かれている造りなら、来客時にキッチンで作業をしていてもリビングでのお客様とのやり取りの邪魔をすることはありません。しかしLDKではワンルームになっているので、もしお客様が来ている間にキッチンで作業をした場合には作業音や気配がお客様にダイレクトに伝わるので迷惑がかかる可能性が高いです。

またLDKは住まいの中心となる場所を一つにまとめた空間なので、来客時に子どもが騒いだ場合にも他に移動できるような部屋が確保できません。

 

来客にキッチンが丸見えになる

家の中で一番生活感が出やすい場所が水回りです。特にキッチンは使用回数が多いので、汚れやすく、ゴミが出やすい場所になります。リビングとキッチンが隔てられている場合なら、来客があってもリビングからキッチンが見えることはありませんが、LDKではお客様にキッチンが丸見えになってしまいます。

キッチンが汚れているとせっかくのインテリアコーディネートも台無しになってしまうので、日々お手入れには気を使わなければならなくなります。

 

プライバシーへの配慮が欠けがち

キッチン、リビング、ダイニングを仕切る壁が無く、どこからでも部屋を見渡せるため、誰がどこで何をしているかがすぐにわかってしまいます。それはコミュニケーションを取りたいときには利点になりますが、それぞれ個人の空間を確保したい場合には、一人になれる場所や音を遮るものがないので、場合によってはそれが煩わしく感じることもあるかもしれません。

 

部屋の採光に考慮して

光が入らない暗い部屋では気分もどんよりしてしまいます。また窓は家の外と直接つながっているので部屋の熱が出ていきやすい場所です。つまり窓のサイズや配置は、部屋の快適さに大きく影響を及ぼします。しかし家の構造や近隣との状況により、取り付けられる場所と取り付けられない場所があるため、むやみに窓を設置することはできません。

特にLDKは広いワンルームなので、窓の大きさや光が入る方角にきちんと配慮しないと、部屋の中に日差しが入りすぎる場所と日が当たらず暗い場所が存在することになります。加えて窓ガラスの構造によっては断熱機能が弱まり、夏は暑く冬は寒いといった問題が生じる場合もあるでしょう。

 

窓が大きいとカーテンが特注になり高額になり得る

窓を大きくすると開放感が出て日光を取り入れやすくなります。しかし窓を大きくするということは、それに取り付けるカーテンのサイズも大きくしなければなりません。もしカーテンのサイズが既製品では取り扱いのないサイズになった場合には、特別に業者に注文しなければならないので事前の予算よりも高額になってしまうことがあり得ます。

 

 

家をリフォーム! 限られたスペースで広いLDKを実現する方法

廊下をなくす

家の限られた面積の中で廊下が占める割合が高いと、当然他の部屋に割かれる面積が狭くなってしまいます。そこで廊下を極力省き、LDKに移動スペースを兼ねることで最大限に居室スペースを活用できるようになります。

その際に気を付けなければならない点は、キッチンでの作業やリビング・ダイニングでくつろいでいる人の迷惑にならない動線作りです。たとえばソファーの前を横切らなければならないような配置にしてしまうと、ソファーに座っている人の視界の邪魔をしてしまいます。動線上の不便さは毎日の不満になるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

階段をLDK内に設置する

リビング(LDK)内に設置された階段を「リビング階段」といいます。リビング階段のメリットは利用すると視覚効果により部屋が広く見えます。また吹き抜けと相性がよく、同時に採用することにより更に空間に奥行きと開放感が増すようになります。階段を部屋の中に設置するので、本来階段に使用するためのスペースを省くことも可能です。

なにより、リビング階段にすると家族が顔を合わせる機会が増えます。一般的に上階に家族の個別の部屋があることが多いので、リビング階段にすると必然的にリビングを通らないと2階に上がることができない環境になります。よってLDK内に階段を設置することで、LDKの「住まいの中心」という役割をさらに強めることができます。

一方、リビング階段のデメリットとしてよく挙げられるのが、寒いという点です。暖かい空気は部屋の上部へ流れるので、暖房の熱が上階へ逃げやすくなるからです。しかし近年は断熱・気密性の高い家が多いので、単純にリビング階段だから部屋が寒くなる場合はあまりありません。

ただしリビングと2階が繋がっていることにより空間自体の体積が多いので、空調が全体に行き渡るまでには時間がかかることはあり得ます。それに加えて上階との隔たりがないので音や匂いが広がりやすいです。

あまり気になるようなら階段に扉やカーテンを取り付けることで改善できますが、その場合は開放感という視覚効果が薄れてしまうかもしれません。

また来客時でもリビングを通らなければ自分の部屋に行くことができないので、必然的に来客と顔を合わせることになります。反対に、たとえば子どもが友達を連れて来た場合にも必ずリビングを通るので、休日だからといってだらしない恰好をしてゴロゴロしていると、恥ずかしい思いをすることもあり得ます。

 

目的に合わせたLDKを実現

LDKは、正方形の部屋にするか長方形の部屋にするかで使い勝手が変わってきます。LDKの面積や目的に合わせてどちらか使いやすい方に決めるのが一番ですが、正方形の方がレイアウトを決めにくいといわれることが多いです。

なぜなら、家庭用のテーブルやソファーといった大型家具は横に長い形が多く、それらを正方形の部屋に居心地よく配置するのは想像よりも難しい作業になるからです。

また正方形の部屋ではたとえ広い面積を確保できたとしても、家具のサイズ自体は大きく変わるわけではないので、面積が広い分、部屋の中に余分な空間ができてしまうこともあり、広ければ大丈夫という訳ではありません。

その点、部屋が長方形の場合は、部屋の真ん中をダイニングにして左右をキッチンとリビングで挟むことで、家具の設置もそれぞれの目的に適したものを配置すれば、自然とLDKの役割ごとにメリハリがつきやすくなります。長方形の場合は入口に合わせて部屋のレイアウトを縦長または横長のどちらか使いやすい方を選択することも可能です。

また長方形のLDKにはI型とL型が存在し、I型は文字通りリビング、ダイニング、キッチンが一直線に並ぶ形です。I型にすると部屋全体を一気に見渡せるため、奥行きに広がりが感じられます。

一方L型では、リビング・ダイニングの横にキッチンを並べる形(LD+K)またはリビングの横にダイニング・キッチンを並べる形(L+DK)の2パターンが主なレイアウトになりますが、LDKをL字に配置すると、リビングからキッチンまでの目線が逸れるので、来客時の不便さを軽減することができます。

 

LDK内に和室を設置する

LDKの一部を和室にすることで、来客を通すスペースが確保できるようになります。また畳は滑りにくく肌触りもいいので 、子育て中の家では子どもがおもちゃを広げて遊ぶ場合や、ちょっとお昼寝をするときなどに和室があると重宝します。和室は、テーブルを置けば居間に、布団を敷けば寝室にと目的に合わせて部屋の機能を変化できる柔軟性を持っているため、非常に使い勝手のいいスペースになることでしょう。

しかし、和室の畳はキズがつきやすく、フローリングよりも色あせや汚れが目立ちやすいので、定期的なメンテナンスが必要になります。

また湿気が溜まるとカビやダニの発生の原因になる可能性もあります。ただし日本では昔から畳を利用してきたという歴史と、近年撥水性や通気性に優れた畳も開発されていることを踏まえると、カビやダニに関してはあまり過剰に心配する必要はないと思われます。

 

空間や目的に合わせてキッチンスタイルを選ぶ

LDKのリフォームを検討するときに、最初に決めるべきはキッチンスタイルです。 くつろぐことが目的のリビングに比べ、キッチンでは作業を伴います。しかも毎日使う場所として、使い勝手の良し悪しはその後の家事ストレスの有無に直接関わってきます。

そこで限られたスペースを広く使いたいのであれば、I型もしくはL型キッチンがおすすめです。この二つは「壁付けタイプ」と言われ、キッチン台が壁に沿って設置されるため、キッチンにスペースが取れない場合も、リビングとダイニングを圧迫することなく使いやすいキッチンが実現できます。

壁付けタイプのデメリットは、調理中リビングやダイニングを背にして作業をしなければならないことです。そのためキッチンでの作業中は家族の様子が分かりにくく、小さなお子さんがいる場合には、常に背後に気を配らないといけません。

一方、ペニンシュラ型、アイランド型と呼ばれるキッチンは「対面タイプ」と呼ばれ、キッチン台がリビングやダイニングに向けて設置されます。対面になることにより、キッチンで作業をしながら家族とコミュニケーションが取りやすくなります。

ただし壁付けタイプに比べてキッチンスペースにある程度の面積を要するので、部屋のサイズを考慮して設置しないとリビングやダイニングを圧迫する可能性があります。

L型キッチンの魅力をもっと知りたい!

クリナップキッチンの魅力をもっと知りたい!

 

LDKリフォームをするときのポイント

LDKの使い方・ コンセプトを決める

LDKの魅力は何といっても空間の広さにあります。その広い空間をどのように使いたいかを始めに考えておくことがLDKを有効に利用するコツになります。 LDKは住まいの中心になるので「居心地のいい空間にしたい」「北欧風の雰囲気にしたい」など理想とする部屋のイメージを固めることで、リフォーム会社とのやり取りもしやすくなります。

その際に、単にかっこいいからと雰囲気だけで決めてしまうと後で思わぬ落とし穴が待っていることもあるので、きちんと性能と使い勝手の良さも考慮したうえで、どんな空間にするのかを決めましょう。

特に窓を取り付ける場合、大きさと方角、コンセントの位置は生活上で重要な役割を担う割には見落としがちな場所になるので注意が必要です。

 

家族構成やライフスタイルを考慮する

たとえば夫婦2人暮らしと、小さな子どもが3人いるお宅ではライフスタイルが全く変わってきます。それぞれ1日の生活の仕方を振り返りながら、どういう設備があれば生活しやすいか、逆にどういうものが不要になるかを考えましょう。

また自分の家族が、よく会話をする家族なのか、個人の時間を大事にする家族なのか、すっきりとした空間が好みなのか、好きなものに囲まれている部屋が好みなのかなど、自分の家族は快適さをどこに感じるかを今一度確認することも大切です。

 

家具の配置やインテリアコーディネートをイメージする

部屋のコーディネートは、きちんとサイズを測るところから始まります。部屋のサイズ、窓のサイズ、家具のサイズは最低限把握しておかないとせっかくのお気に入りの家具が入らなかったり、場所を取りすぎてしまったりと残念な結果になってしまいます。

次に生活上の作業動線を意識しましょう。もし動線上に余分なものがあるといちいちそれを避けて通らないといけなくなるので、だんだんとそこにストレスを感じるようになります。その家具の配置で実際にスムーズに動けるかどうかの確認が必要です。

それに加えて、LDKの広い空間内に視線が抜ける場所を作ることで、さらに開放感を演出することができます。たとえば、吹き抜けや部屋の奥に窓を作ることで視線が外へと抜けていくので、部屋がより広く感じられるようになります。

反対に、設置する収納ラックの背が高かったり、重厚感のある家具が多いと視線が抜ける場所がないので、圧迫感を感じるようになります。また家具は、部屋の広さの1/3以上を占めるようになると部屋が狭く感じるといわれています。

逆に部屋の床が多く見えると視覚的に広く感じられます。インテリアの色や素材の決め方は、床や壁など面積が大きいところから、ソファーなどの大型家具、カーテンなどの布物や小物類と、大きいものから順に決めていくとごちゃごちゃしにくく、レイアウトに統一感がでやすいです。

 

こだわりや譲れない部分はあらかじめ決めておく

キッチンはガスコンロがいい、ダイニングにカウンターが欲しい、テレビはできるだけ大きくしたいなど 「どうしてもここだけは!!」という譲れない部分がある場合には、打ち合わせの早い段階できちんと相談するようにしてください。リフォームの段取りがある程度済んでからでは構造上、ご自身の希望を組み込めなくなる可能性があります。

そのため家族各自のこだわりを把握すると同時に、限られた空間でどれを採用するかきちんと話し合っておく必要があります。もちろん家族だけの話し合いにとどまらず、リフォーム会社と相談することでプロの目線から専門的なアドバイスを受けることもできるでしょう。

 

 

LDKへのリフォーム例と費用の目安

既存の部屋や廊下の仕切りをなくしてLDKへリフォームする場合

LDKへのリフォームで多い事例としては、リビングとダイニングの間の壁を撤去して一部屋にする場合や、廊下をなくしLDKを広くする場合など、もともと隔てられていた2つの空間を1つの空間にまとめることです。

その場合、既存の壁や柱を撤去し、床材と壁紙を張り替える工事だけなら十数万~50万円程度になることが多く、あとは部屋の面積によって費用が前後します。

しかし、建物は構造や安全面を考慮して柱の位置や数が法律で決まっているため、単純に要らないからなくせばいいというものではありません。よって余分な壁や柱を撤去した代わりに、別の場所での構造補強が必要な場合は100万円以上かかる可能性があります。

 

和室を洋室にしてLDKへリフォームする場合

和室の畳をフローリングに張り替えて、押入れをクローゼットにしたり、壁紙を洋室用に変更する場合で、部屋の面積にもよりますが10~30万円程度です。それに加えて、リビング・ダイニングと和室を仕切っている壁と扉を撤去する場合はさらに高額になります。

その際、もともとの部屋ごとに床の色や壁の色が微妙にずれてしまうので、LDKとしてのまとまりは薄くなります。

そこで、部屋の統一感を重視してリフォームする和室側だけではなく、もともとのリビング側の壁やフローリングもすべて張り替えるとなると100万円程度になることも考えられます。

そもそも和室と洋室では部屋の作り方が異なります。畳とフローリングでは厚みが違うので、畳をフローリングにする際はその段差を調節する必要があります。そのため和室を改装する方が洋室を改装するよりも手間がかかるので高額になりやすいです。

 

LDKに合わせてキッチンをリフォームする場合

既存のシステムキッチンの場所を変えずに、新しいものに交換するだけの場合は30~100万円程度になることが多いです。

それに加えて、LDKの空間の広さを活かして、システムキッチンを壁付けタイプから対面タイプに変更したり、キッチン自体の位置を大幅に変える場合には、水道やガスなどの配管工事や床下工事などの施工費が追加になるので、100万円以上と高額になる可能性が高いです。

ただし大前提として、キッチンのリフォームは設置するキッチンスタイルのグレードにより価格が大幅に変わります。高額なものだとシステムキッチンだけで200万円以上する場合もあり得ます。

 

 

リフォーム会社の選び方

LDKの特性と家族の希望に合ったアドバイスをしてくれる

まず依頼するリフォーム会社が、LDKリフォームについての豊富な知識や実績を持っているかどうかは重要なポイントになります。なぜなら、LDKのリフォームは大掛かりな工事になる場合も多いので、クライアントが希望する設備がリフォームで実現できるかの判断は、その会社の知識の蓄積により生まれるものだからです。

また、もし希望通りにリフォームができない場合でも、できるだけ理想に沿うような代替え案を提案してくれる会社であればさらに安心です。

 

費用や工程を具体的に説明してくれる

LDKリフォームは、工事する面積も広く、様々な工程を経て行われるため、かかる費用も決して小さいものではありません。そのため、リフォームを依頼する際には、費用と工程を具体的に説明してくれる会社を選びましょう。

たとえば「床材がいくら」「壁の撤去がいくら」というように、必要な材料費や施工費などが詳細にわかる見積書をもらうようにし、「キッチンの入れ替えで何日」「フローリングにするのに何日」などある程度の進行状況が自分でも把握できるようにしておくことで、無駄な費用がかかっていないか、工事が遅れていないかなどのトラブルを回避することができます。

 

リフォーム後も長く付き合っていけるかどうか

LDKは住まいの中心になる場所なので、リフォーム後に起こりうるメンテナンスまでしっかりとお願いできる会社かどうか見極めることも必要です。

たとえば、もし何かトラブルがあったときに、家とリフォーム会社が遠く離れてしまっていたら対処に時間がかかってしまいます。その点、地元で地域密着型のリフォーム会社ならすぐに駆けつけてもらえて、今後LDK以外のリフォームをお願いする場合にも、頼みやすい環境を整えられます。

 

スマシアの魅力

・実際の職人が相談から工事まで携わるので、きめ細やかな提案と高品質な施工ができます。
・リフォームに関わるのは自社の職人だけです。そのため中間マージンのコストが一切かからず、低価格で提供できます。
・新潟県の上越地域・中越地域を中心に、県内全域のお客様にスピーディーに対応します。
・地域密着型の会社です。お客様との距離感を大切にスムーズな対応を心がけています。
・地元のお客様に長くお付き合いをしていただくことで、よりその良さを実感していただけるよう努めています。

 

まとめ

LDKは間違いなく家の中心になる場所です。だからこそ、如何に居心地よく、過ごしやすく、動きやすい空間を作り上げるかがリフォームするうえでの楽しみになることでしょう。

そして広い空間を活かして、多種多様なインテリアコーディネートが可能な分、見た目や雰囲気で決めてしまうと思わぬ失敗も多い所です。理想の快適空間を実現するためには、事前にしっかりと計画設計することが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今ならWEBからのお問合わせで最大4つの特典付き
1
お問い合わせいただいた方に
失敗しない満足いく
リフォーム辞典を

プレゼント
リフォーム辞典

2
どんな小さなリフォーム工事もご相談ください。
WEBからのお申し込みで
ご成約の場合、
全てのリフォーム工事が

10%OFF

3
10万円以上のお客様には
壁紙補修キット
プレゼント
壁紙補修キット

4
30万円以上のお客様には
アクセント壁紙一面
無料施工
アクセント壁紙一面
特典付きのお申し込みはこちらより
LINEからお見積り
新着情報一覧
© 2018 職人のリフォーム店.