パナソニックリフォームの魅力!パナソニックで実現できる理想の家とは?

パナソニックリフォーム株式会社は、リフォーム・リノベーションを専門としたパナソニックのグループ会社です。長年積み重ねてきた提案力、設計力、施工力とパナソニックのノウハウや技術を融合させることで、クライアントの期待に応え、感動を届けるリフォームを実現できます。

 

パナソニックリフォームの魅力はどんなところ?

「価値を高める提案」「価値を生む技術」「価値を支える安心」を基本に、パナソニックならではの総合力で生涯にわたる満足をお届け。自分自身や家族の夢に応えるリフォームを提案します。

信頼と実績には自信があります

暮らしに欠かせない家電や住宅設備を熟知する強みを活かし、それらを組み合わせた快適な住空間を実現します。パナソニックが長年蓄積してきた住宅設備や家電づくりのノウハウで、数多くの設備機器から一人ひとりのライフスタイルにあわせたトータルサポートが可能です。

小規模な取替えリフォームから住空間リノベーションなどのさまざまなニーズにも対応できます。リフォームコンクールで受賞するなどの実績もあがり、確かな技術力で安心感と信頼感を高めてきました。

 

ニーズにあった空間をご提案します

パナソニックの総合力で、ライフスタイルにあわせた快適な住環境と豊かな空間演出を実現します。優れた機能性を誇る設備とデザイン性を兼ね備えて、ぼんやりと思い描いていた理想を現実へと形にします。木造住宅やマンション、古民家などそれぞれの特徴をとらえたリフォームも可能です。

また、経年劣化を抑えて末長く住み継ぐために、外壁や屋根の塗装、防水工事など、適切な劣化対策にも力を入れています。住まいづくりの知識と数多くの設備機器から、よりよい暮らしのためのリフォームを提案しています。

 

健康で快適な暮らしをお贈りします

単に新しく快適にするだけではなく、住む人それぞれのライフステージやライフスタイルから最適なリフォームを見つけます。暮らし方を見つめることで、現状だけでなく将来の暮らしの変化に配慮した提案も可能になり、大切なことや気付かなかったことも見えてきます。

また、多くのリフォームを検討中の方が不安に感じているのが、耐震性能や、冬は寒く夏は暑いといった空調に関する悩みです。耐震性を高めながらの高い技術力と柔軟性のある設計力で、さまざまな構造躯体のリフォームにも対応できます。さらに断熱改修をすることで、健康で快適な暮らしと光熱費の節約も可能にします。

 

パナソニックリフォームではなにを実現できるの?

もっと心地よく自分たちらしく暮らしたい。そんな願いを叶えるために、パナソニックリフォームはさまざまな住まいのニーズにあわせたリフォームを提案してきました。子育て世代から二世帯住宅まで、ライフスタイルに沿って末永く安心して暮らせる家を目指しています。

 

リフォームする目的は?

子育てリフォーム

子どものことや家族のくらしのことを見つめて「安心・安全」「コミュニケーション」「生活習慣」「家事楽」の4つのコンセプトをもとに、楽しく子育てできる空間を提案します。目的にあわせた空間演出の中で、使用する建材にこだわり、設備の機能性を高めることで、家族の安全を保ち、家事への負担を軽減することが可能です。

たとえば、独立型キッチンから対面式にして、開放的なLDKに変更すれば、家事をしながら子どもがどこで何をしているか見守ることができます。キッチンと洗面室の間の壁をなくせば、家事動線がグンと短縮し、スムーズに家事を行いやすくしてくれます。

また、リビングのレイアウトを家族で向かい合うような配置に工夫することで、コミュニケーションが自然と生まれるような空間になります。子どもがよく触る床には、アレル物質(アレルギー物質)を抑制する塗装仕上げの床材を使用し、家族の団らん空間にオープンユニットを設ければ、片付けやすく、家族それぞれのお気に入りの小物を並べたり、つくった工作を飾ったりとものを維持管理する能力を養うきっかけが生まれます。

 

二世帯住宅リフォーム

世代も考え方も異なる家族での団らん空間と、プライバシーを大切にする設計に、家事や育児の負担を軽減する配慮などを盛り込んで、家族みんなが住みやすい二世帯住宅を提案します。ひとくちに二世帯同居といっても、家族構成や価値観などによって、同居の考え方やメリット、設計のポイントもさまざまです。二世帯住宅リフォームにはおもに3つのタイプがあるので、自分の家にぴったりの同居タイプを選びましょう。

個室以外の空間や設備を二つの家族が完全に共用するタイプを「融合タイプ」といいます。家事や子育ての協力がしやすく、大家族ならではのふれあいと安心感があります。キッチンリフォームには、家族が気軽にお手伝いができるオープンタイプがおすすめ。リビングを広めにしたり、和室を設けるのもいいかもしれません。

ただし、多くの空間を共有することで生まれるストレスを解消することもポイントとなります。収納や冷蔵庫を別々にしたり、洗面室と独立した脱衣室を設けるなど、お互いを思いやる配慮も必要です。

家の一部だけを共有するタイプを「半独立タイプ」といいます。世帯間の気遣いが多くなりがちな浴室やキッチンは世帯ごとに設け、玄関や廊下などを共用にすることが多いです。より独立性を高めて、適度なふれあいと自立を楽しむことができます。二世帯のストレスが軽減できるように、不足しがちな収納は共用か世帯別かを明確にして適材適所に設けるなどの工夫も必要です。

住まいを左右または上下で完全に分離することで、プライバシーを確保する「独立タイプ」では、お互いに同居のストレスがかからない、気兼ねのないくらしを実現します。普段は別世帯として暮らしていても、子どもの面倒や急なトラブルがあった時にすぐに助け合えるのが最大のメリットです。将来、賃貸住戸などへ用途転換しやすい点も魅力です。

また、完全に独立しているといえども、どちらかの世帯に大家族が集える空間を設けておけば、いつでも家族全員で集まることができます。

 

セカンドライフリフォーム

子どもたちの独立や定年退職などで大きな節目を迎える50代、60代。人生100年時代といわれる今、これからの人生をもっと楽しく充実したものにするために、心豊かなセカンドライフにふさわしい住まいを実現しましょう。

まずは、身の丈にあった住まいへのリノベーションを考えましょう。ポイントとなるのは、使わなくなった部屋の活用方法や広すぎる家の減築、これからの暮らしの変化に対応できるバリアフリー設計などです。1階を中心にワンルーム感覚の間取りにするのも有効です。

それに加えて、夫婦それぞれがつかず離れず、一人の時間を大切にできる配慮も必要です。夫婦の寝室を二室に分けたり、使わなくなった子ども部屋を書斎にしたり、お互いが気ままに過ごせる空間や設備を整えます。

ただし、LDKには子ども家族や友人たちが訪れても、ゆったり過ごせる広さを確保しましょう。家族やみんなで料理ができるようにキッチンは開放的なオープンタイプがおすすめ。ダイニングには、大勢が集えるよう大きめのテーブルを置くことで「食」を中心に、楽しく心豊かな時間が広がります。

 

リフォームする建物のタイプは?

.戸建てのリフォーム

戸建てをリフォームするにあたって「耐震性能」「断熱性能」「外壁の劣化防止」に注力してきました。耐震性能を高めるリフォームでは、建物の強度不足の補強、破損部分の修復を行います。さらに屋根を軽くすることで、LDKリフォームも安心して実現できます。地震対策には、建物の揺れを抑える「制震ダンパー」を設置すれば、結合部の破損を食い止め被害を抑えます。

建物全体に断熱工事を施す場合、家全体をすっぽり覆うように断熱材を吹き付けていきます。無数の気泡が躯体内の結露を抑制して建物の耐久性を高めます。また壁や床をはがさず、内張り断熱する工法なら住みながらの工事も可能です。断熱、気密性を高めることで、省エネで快適にくらせる室内環境を提供します。

外壁リフォームでは、光触媒技術を採用した外壁素材を開発しました。経年劣化した外観を新築のように蘇らせ、雨で汚れを洗い流すセルフクリーニング効果で、手間をかけずに美しさを保ちます。

 

.マンションのリフォーム

不便さや老朽化が気になるところなど、工事範囲を絞って行う部分リフォームなら、キッチンやバスルームを取り換えたり、和室を洋室に変更したりなど、条件や要望にあわせて部分的に改修します。

仕切りや設備をすべて取り払い、間取りから一新するスケルトンリフォームなら、広々とした開放的なLDKや独立型キッチンを対面キッチンに変更することも可能です。使わない部屋はクローゼットにするなど多様なリフォームプランが実現できます。

その空間で、どんな時間を、誰とどう過ごしたいかを考えてみましょう。暮らし方から発想することで、理想のイメージにぴったりのリフォームに近づきます。

 

古民家のリフォーム

古民家には、現代失われつつある自然とともに暮らす知恵や職人の技、豊かな文化があります。そんな古民家を住み継いでいくには、古き良きものを残すと同時に、安全性や快適性を向上させなければなりません。

とくに、寒さやすきま風は古民家暮らしの課題のひとつです。壁などに断熱材を入れるのはもちろん、インナーサッシの取り付けや二重ガラスの入れ替えを行うなど気密性を高める必要があります。

しかし、断熱性が向上すると換気不足による結露やシックハウス症候群の恐れがあるため、部屋全体の空気環境への配慮も必要です。

古民家の美しさである、襖、障子、格子などの建具を活かしたデザイン性と、暮らしにあわせた機能性を兼ね備えて、開放的なLDKや梁を見せる吹抜け、日のあたる縁側など、風情あふれる空間を演出します。

 

中古住宅をリノベーション

近年、中古住宅を購入してリノベーションをする人が増えています。なぜなら、リノベーションでは、ある程度の自由な間取り変更が可能で、新築よりも費用が抑えられるからです。人気エリアであっても中古なら比較的安価で手に入れられることも魅力の一つです。

しかし、古い物件では、現在の建築基準法に適合してない場合や耐震基準を満たしていない場合があるので注意が必要です。基準を満たしていない場合には、追加で耐震工事などを施す必要があります。

 

 

空間別に紹介するパナソニックリフォームの強みとは?

設備の老朽化、家族構成の変化、利便性の向上、模様替えなどリフォームを検討する理由は人によってさまざまです。パナソニックリフォームには、それぞれの用途にあわせて、機能性とデザイン性を兼ね備えた各空間を彩る設備が充実しています。

 

キッチン

毎日使うキッチンでは「家事をラクする」ところにこだわっています。とくに、今まで掃除しにくかったレンジフードでは、全自動おそうじファン搭載の「ほっとくリーンフード」という10年間ファン掃除不要の画期的な技術開発に成功し、人気を高めています。

シンクや作業台には、キズに強く、汚れが落としやすい有機ガラス系の「スゴピカ素材」を採用。キッチン用シンクは2018年のグッドデザイン賞を受賞しました。汚れやすいコンロでは、作業台との段差を1.9㎜にまで抑えることで、すき間に汚れが溜まりにくくなりました。

また、コンロを横並びにすることで、調理中の無駄な動きを軽減、手前のスペースが広くなった分作業もしやすいうえに、鍋の柄が飛び出さないので子どもの引っかかり事故も防ぐことができます。

パナソニックの代表的なキッチンには、シンプルタイプの「V-Style」、スタンダードタイプの「ラクシーナ」、ハイグレードタイプの「L-クラス」があります。そのほか、リフォーム向けの「リフォムス」では、主婦100人の声をもとに作られた、サイズもスタイルもリフォームにぴったりなキッチンです。

 

●キッチンリフォームについて、もっとくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください

キッチンリフォームで毎日の料理を快適に! 人気スタイルと費用を詳しく解説

 

バスルーム

浴槽やカウンターなどに、キッチンでも使用している有機ガラス系のスゴピカ素材を使用することによって、水滴や汚れがつきにくく、なめらかな美しさを保ちます。お湯に酸素を含むミクロの泡を加えた「酸素美泡湯」では、身体をやさしく温め、お肌をしっとりと保ちます。

おもなバスルーム商品には、耐久性や掃除のしやすさなど基本機能をそろえたスタンダードタイプの「オフローラ」、高級感あふれるこだわりの機能をそろえたハイグレードタイプ「L-クラス」があります。

戸建てリフォーム向けの「リフォムス」には、基本機能にリフォームしやすいサイズ設定と将来に向けての安心機能をプラスしました。上質なリラックス空間を演出するため、シャワーヘッドや水栓、照明にいたるまで、自分好みにカスタムできるよう種類を豊富に取り揃えています。

 

●浴室リフォームについて、もっとくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください

浴室リフォームのタイミングと費用、家族みんなが満足する人気のお風呂スタイルは?

 

洗面ドレッシング

洗面化粧台での一番のこだわりはカウンターです。L字に配置することで洗顔や手洗いなど水道を利用するウェットゾーンとメイクやボディケアをするドライゾーンを効率よく使える仕様を考えました。

I字型の洗面台の場合にも、広くのびのび使えるのはもちろん、メイク用カウンターとコスメ用引き出しもそろえています。取り付ける鏡は、使いやすい高さと奥行きを考慮し、肌の色を引き立てる照明にも注力しています。

機能性を重視しリフォームにも最適な「ウツクシーズ」、まるでサロンのようなデザインと高機能を兼ね備えた「ラシス」、新スタンダードタイプとして「シーライン」をそろえています。

シーラインでは、小さな子どもがひとりでも楽しく身支度できるように、親子にとって使いやすい洗面台を実現しました。子どもの目線にあわせたミドルミラーの設置、女性のスキンケアや親子並んでの作業にぴったりのワイドカウンターを採用しています。

 

●洗面台リフォームについて、もっとくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください

洗面台をリフォームするタイミングは?すっきり快適な洗面台の選び方と費用まとめ

 

トイレ

パナソニックの「アラウーノ」は、お手入れのしやすさ、快適さ、節水・節電機能がすべてそろっている大人気シリーズです。スタンダードタイプの「NewアラウーノV」は、便座が自由に選べる便座セパレート型で、スゴピカ素材とパワフル水流で汚れにくく、便器はフチ裏を無くした形状で掃除がしやすくなっています。

「アラウーノSⅡ」は便器便座一体型で、NewアラウーノVの機能に加えて、泡と水流で流すたびに掃除ができる激落ちバブルが搭載され、泡によってトビハネ汚れも防ぐ全自動おそうじトイレです。

そして、これらをさらに高性能にしたのが「L150シリーズ」です。オゾンウォーターを利用した除菌効果やナノイーXによる消臭・抗カビ効果など、先進機能を凝縮したシリーズ最高峰となっています。

●トイレリフォームについて、もっとくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください

トイレのリフォームで押さえておくべきポイント! 費用、性能、工事内容のまとめ

 

内装・照明

パナソニックリフォームの内装では、木目を基調とした8つのインテリアスタイルを提案しています。都会的なスタイリッシュさ、開放的なリゾート感、落ち着きのある和モダンなど、暮らしにあわせて理想の空間を演出することが可能です。

内装の決め手となるインテリア建材「ベリティス」は、肌ざわりまで繊細に再現した美しい木目と強い耐久性が特徴です。10種類の色柄バリエーションを用意しています。

もうワンランク上の「ベリティスプラス」では、天井まで伸ばしたドアを中心に採光効果と自由に変化する間取りで、住空間に開放感を与えます。

また、DIYが趣味の方や自分好みにとことんこだわりたいという方には「クラフトレーベル」がおすすめ。黒やネイビーなどのカラーを含めた8柄から選べ、好きな色に塗ったり、部屋づくりを楽しめるように、自分らしくカスタマイズができます。

部屋の雰囲気の決め手になるのが照明です。本来の色味をより美しく見せるLED照明「美ルック」を独自開発しました。生活シーンにあわせて光の色を変えたり、スマートフォンを使って複数の照明をコントロールでき、スピーカー付きライトならテレビの音や音楽を天井から流すことも可能です。空間になじむようにスイッチの形状にも配慮しています。

 

●壁紙リフォームについて、もっとくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください

壁紙のリフォーム!部屋のなかが古く感じてきたら、なにから手をつければいい?

 

外装・外まわり

パナソニックでは、宅配の再配達を軽減するために宅配ボックスの設置に注力しています。どんな外観の家でも利用しやすいように形や設置方法にバリエーションを用意しています。また、外まわりのデザインを決めるエントランスポールは、シンプルでモダンなデザインから異国情緒ただよう洋風デザインまでこだわりの演出が可能です。

外壁材には、グループ会社である外装メーカーのケイミューが、光触媒を利用した「光セラ」を開発。太陽光によって汚れを分解し、雨によって洗い流すというセルフコーティング効果で10年後も美しい外壁を保ちます。

また、ケイミューの屋根材は、軽さにこだわることで地震時の建物への負担を軽減し、汚れがつきにくく、優れた機能性と防災性を備えています。

 

●壁紙リフォームについて、もっとくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください

カーポートの機能と役割、設置メリットやリフォーム工事の費用をまとめて解説!

外壁リフォームで美しい外観と、耐久力と機能性の高い家にするには?

 

 

太陽光発電・蓄電システム

パナソニックは太陽光発電システムの中心である「太陽電池モジュール」や「パワーコンディショナ」を自社生産し、日本における太陽光発電の普及をリードしてきました。研究開始から40年以上の歴史と実績が、その性能と信頼性を高めています。

パナソニックの太陽光発電は、光の弱い曇りや雨の日でもしっかり発電します。さらに、高温に強く真夏でもたっぷり発電するので、エアコンをたくさん使う時期でも安心です。蓄電システムでは、業界初の太陽光発電用と蓄電池用、2つのパワーコンディショナを一体化した創蓄連携システムを開発しました。

太陽光発電と蓄電池を上手く連携させることで効率よく電気を活用できます。節電やエコのために電気をつくる太陽光発電と、停電に備えて電気を蓄える蓄電システムの2つを連携させれることで、暮らしにもっと役立ちます。

また、業界トップクラスの長期保証で安心して利用できます。長期間しっかり発電する自信があるからこそ、モジュール保証25年と、パワーコンディショナを含む周辺機器に機器瑕疵保証15年を設定しています。

 

HEMS(ヘムス)

HEMSとは、ホームエネルギーマネジメントシステムの略で、エネルギーを見える化するだけでなく、家電・電気設備を最適に制御するための管理システムです。政府は2030年までに全世帯へHEMSを設置することを目標としています。

HEMSを始めるためには、使用電力量の計測を行うための機器「HEMS対応住宅分電盤」の設置と、計測した使用電力量データを無線通信で受け取り、モニター表示するための機器「AiSEG2(アイセグ2)」が必要です。

パナソニックの「スマートHEMS]なら、エネルギーを見える化するだけではなく、スマートフォン専用アプリを使用することにより、便利なサービスを利用できるようになります。外出先からも、お風呂のお湯はりや電動窓シャッターの開閉、エアコン、床暖房や照明のオン・オフなど、個別制御できる機器をまとめて操作可能です。

さらに、家全体の電気使用量や家電ごとの電気代も確認できます。家全体の使用電力量があらかじめ設定した目標値を超えると、エアコン、照明、床暖房を自動でコントロールします。

 

ホームエレベーター

安心して長く暮らせる住まいのために、住まいの段差をなくすバリアフリーリフォームはもちろんですが、これからは、住まいの階差をなくす「フロアフリー」の時代です。ホームエレベーターを設置することで、上下の移動のストレスを軽減し、ドアを開ければ別の部屋に移動できるようなフロアフリー生活を実現します。

お年寄りのためだけではなく、重い荷物を運んだり、家事をスムーズにしてくれたりと家族みんなで使用できます。おもな設置場所には、子どもたちが独立した後の使わなくなった部屋や押入れ、車庫の一角や吹き抜けを利用します。豊かで洗練された暮らしを実現するために、インテリア性、快適性、安全性にこだわりました。

 

リフォームの流れと費用・工期の目安とは?

リフォームを始める前に、全体の流れを把握しておきましょう。また、リフォームでをするうえで一番大切なのは予算です。おおまかな金額だけでも押さえておくとリフォーム計画がより具体的にすすみやすくなりますよ。

 

リフォームのダンドリを知ろう!

まずは、リフォームで実現したいことを家族で話し合いましょう。不便なところや改善したい部分を、予算に関係なくすべて出してみてください。要望を出しきることで、リフォームの優先順位を決めることができるようになります。

リフォーム箇所が決まったら、カタログやインターネットなどで情報を集めます。理想のリフォームに近いものあればストックしておくと、リフォーム会社にイメージを伝える際に役立ちます。

理想のイメージが絞り込めたら、予算計画を立てます。自分が目指すリフォームの費用が、なににどれくらいかかるのかを把握します。こうすることで、依頼先の提案するプランや見積書の良し悪しを判断する材料にもできます。

自己資金のみでリフォームができれば一番いいのですが、長い目で考えるとローンを組むことも一つの方法です。リフォームの目的によっては、補助金や税の控除を受けることもできるので、国交省のホームページや税務署などで確認しておきましょう。

つぎに、依頼するリフォーム会社を選びます。リフォーム専門の会社をはじめ、ハウスメーカー、工務店など取り扱い会社は意外と多いものです。各社の完成住宅の見学会に参加するのもいいかもしれません。

その中からいくつか気になる会社に問い合わせて、現地調査と見積もりを申込みます。家の間取りや状態、寸法などを確認してもらい、出された見積書を比較して納得できる会社を選びます。

依頼先が決定したら、担当者とプランの詳細を決めていきます。より具体的なイメージを持つために、メーカーのショウルームでは、実物を体感できるのでおすすめです。プランが決まったら、正式な見積明細書と実施設計図をもらい、晴れて契約となります。

契約後、必要な申請や打ち合わせを行ったら、工事がスタートします。工事中は何度か様子をうかがいに行き、進捗を把握しておきましょう。もしスケジュール変更があれば書類に残し、費用が変わる場合には、再度見積書をもらって契約内容を変更する必要があります。リフォーム工事が終わったら、仕上がりを確認して問題なければリフォーム完了です。

その際、必要なメンテナンスについて、リフォーム会社に聞いておくと今後の対応も安心です。

 

リフォームの費用と工事期間の目安

※パナソニックリフォーム(株)のホームページなどを参考にした目安の値です。

 

キッチンの相場

パナソニックリフォームにおける、キッチンリフォームの費用は数万円程度から一番高額な場合で900万円以上と非常に幅広くなっています。その中で一番多いのが150~450万円のリフォームであり、全体の62.7%になります。この予算の事例で多いのは、壁付けタイプから対面タイプへの変更や、DKをLDKに間取り変更した場合などです。

ガスコンロをIHに変更するなどの一部を取り換えるだけであれば10~30万円程度でもリフォームが可能ですし、500万円以上の高額なリフォームでは、増築や建て替え、フルオーダーキッチンなどが該当します。

工事期間も、既存のキッチンを新しいキッチンに取り替えるだけなら1~2日で済みますが、配管や床材、ガスや電気機器を取り替える場合は1~2週間、そのほか必要な工事の規模によっては1ヶ月以上かかる場合もあります。

 

バスルームの相場

バスルームリフォームの費用は50万円程度から一番高額な場合で250万円以上であり、基本的な浴室の入れ替えであっても配管などを考慮する必要があるため、下限金額が高めになっています。

一番利用が多いのは100~150万円のリフォームで、全体の41.9%になります。浴槽の入れ替えや酸素美泡湯などのオプション機能が採用されています。そのつぎに多いのが、シンプルに新しいユニットバスへの変更などの100万円以下のリフォームと、広い空間や床暖房などの心地よさにこだわる150万円以上のリフォームです。

工事期間は、浴室をそのまま入れ替える形であれば、数日~1週間程度、既存の浴室を解体したり、配管工事やタイルなどの張り替えが必要な場合は2週間~1ヶ月程度かかります。

 

トイレの相場

費用の相場は、数万円程度から120万円以上です。その中で一番利用が多いのは60~80万円のリフォームですが、20~80万円までのリフォームで全体の78.6%を占めています。シンプルな便器の入れ替えから、手洗い台や収納棚の設置、バリアフリー対策、部屋の面積を広くしたりなどリフォーム内容は人によってさまざまです。

工事期間の目安は、既存の便器を新しい便器に取り替えるだけなら1~2日で済みますが、トイレに手洗台を設置したり、配管工事を施すとなると1週間ほどかかります。

 

洗面ドレッシングの相場

洗面室のリフォーム費用は、十数万円から一番高額な場合で120万円以上であり、一番多いのが20~40万円程度のリフォームで、全体の35%になります。古い設備を一新したり、洗面台や収納スペースの拡大などを利用しています。

床の張り替えや配管工事が加わると50万円程度、車いすが通れるようなスペースを確保する場合には100万円以上の高額になる場合もあり得ます。

工事期間は、洗面台の交換だけなら1~2日ほどで、床や壁の張り替え、収納棚や配管工事などが加わると1~2週間ほどかかります。間取りの変更などが必要な場合には1ヶ月を要することもあります。

 

内装・照明の相場

内装で一番面積が広いのがリビング・ダイニングです。リフォーム費用は数十万円から900万円以上とプランによって非常に幅広く、150~450万円の間での利用が全体の51.6%と一番多くなります。壁を取り払い、LDKに間取り変更をしたり、フローリングの張り替えや和室を洋室に直したりと目的にあわせてさまざまなリフォームが施されています。床面積、使用する建材の種類やオールLED仕様によっても金額が異なります。

プライベート空間である寝室のリフォームの相場は、数十万円から250万円以上であり、50~150万円の間の利用が一番多くなっています。使わなくなった部屋をつなげて寝室の面積を広くしたり、壁紙や天井の色柄など空間演出にこだわりが見受けられます。

工事期間は、床・天井・壁などを全面リフォームした場合は1ヶ月程度、壁を取り除き、部屋の間取りを変える場合や配管・電気工事が必要になると1ヶ月~数ヶ月かかる可能性もあります。

 

外装・外まわりの相場

外装・屋根・エクステリアのリフォーム費用は、十数万円から300万円以上ですが、どの金額でもまんべんなく需要があるのが特徴です。門から玄関まわりの照明設備、手すりの取り付けなど比較的簡単な工事なら50万円以下で可能ですし、タイルの張り替えや耐震工事などは100万円前後と面積や規模によって異なります。外壁の塗り替えや屋根の補強など、工事をするうえで足場を組む必要がある場合にはさらに高額になります。

工事期間は、物品の取り付けだけなら1日で済みますが、配線工事も必要になれば数週間程度かかります。屋根や外壁リフォームで2~3週間が目安です。

 

太陽光発電・蓄電システムの相場

太陽光発電システム導入にかかる費用は、ソーラーパネルとパワーコンデショナの代金に、諸費用と設置するための工事費用を合わせた金額になります。パナソニックの太陽光発電では、住宅用ソーラーパネルが一枚5~20万円程度と大きさや性能によって幅があり、パワーコンディショナが25~50万円程度となっています。

しかし、省エネ効果のあるリフォームに関しては国や自治体で補助金が適応されることが多く、最終的には150~200万円程度になるでしょう。

パナソニックの独自製品である創蓄連携システムでは、太陽光発電と蓄電池が一緒に導入されることがほとんどなので、太陽光発電の価格にプラス100万円前後になることが多いです。

住宅用の場合、設置と配線の工事自体は1~2日程度で済みますが、導入にあたり電力会社との電力の売買契約締結をしなければならず、この手続きに1ヶ月ほど必要です。また、太陽電池の生産が間にあわないという場合もあり、注文をしてすぐに設置できるわけではありません。そのため、中期的な視野を持ってスケジュールを決める必要があります。

 

HEMSの相場

パナソニックのHEMS導入には、AiSEG2とスマートコスモまたは計測ユニットを購入する必要があります。AiSEG2はモニター無しが4万円、モニター付きが8万円です。スマートコスモまたは計測ユニットがそれぞれ10~15万円、モニターを別途で購入する場合はプラス10万円前後かかります。これに工事費が加わる金額がHEMSの設置費用になります。HEMSの取り付けだけなら条件にもよりますが、1日あれば大体完了します。

 

ホームエレベーターの相場

設置費用は、本体価格、工事費用、申請費用に分けられます。パナソニックのホームエレベーターの本体価格は住まいの条件にあわせて、2人用で270~400万円、3人用で300~490万円です。ホームエレベーターの規制緩和に対応した業界最長サイズの大型3人用「1418フォレストV」は350~500万円となっています。

工事費用は30~50万円程度が目安です。そして、エレベーターを設置するためには、専用の確認申請が必要であり、これらの手続きに10~15万円程度かかります。そのほか、設置後の維持費として月440~610円の電気代と年1回のメンテナンス費に4万円、固定資産税が上がることも覚えておきましょう。

事前にエレベーター確認申請済証がある場合は、注文から約3週間程度後の納品となります。工事自体は3~5日間ですが、建物の階数や機種により変わります。設置後は、エレベーター完了検査を受ける必要があるので、スケジュールには注意してください。

 

リフォーム会社の選び方

リフォーム工事は決して安い買い物ではありません。また、家は自分と家族の幸せをはぐくむ大切な場所です。だからリフォームするときは信頼できる会社にお願いしたいですよね。そこで、優良な業者を選ぶポイントを押さえておきましょう。

 

リフォーム会社から見積もりをもらおう!

見積もりを比較検討することでより良いサービスを選ぶことができます。そのため、見積もりは必ず複数社から取ってください。同じ条件で複数の業者から見積もりを取ることを「相見積もり」(あいみつもり)といいます。

3~5社ほど見積もりを比べれば、各社各様の長所や力を入れている部分が読み取れます。もちろん安いに越したことはないのですが、一般的に高い材料を使うと長持ちし、安い材料だと寿命が短くなりやすいといわれています。材料費、施工費、人件費、今後の維持費などの費用と会社の信用度を踏まえて、総合的に判断しなければなりません。したがって、疑問点は積極的にリフォーム業者に説明を求め、納得が行くまで検証してください。

 

地域密着型会社を選ぶメリット

リフォーム会社には、全国的に名の知れた大手企業と地元密着型の中小企業が存在します。大手企業には日本中に利用者がいるという信用と実績がありますが、広い範囲を取り扱っているためトラブルへの急な対応への不安があります。また、施工自体は下請け会社が行うことが多いので、中間マージン分などで費用があがる傾向があります。

一方、地元企業なら万が一の場合もすぐに対応可能で、定期的なメンテナンスもお願いしやすいのが魅力です。地域事情に精通しているので、積雪や風雨など地域の特色に合わせた機能を選び、将来の生活設計までも見込んだリフォームプランも提案できます。

また、作業を下請けに回さずに自社スタッフで行えば、諸経費などの中間マージンをコストカットすることができますし、技術力に自信があれば、工期を短くし、工賃を安くすることも可能です。

 

家族の安心と安全を守る職人リフォーム店、スマシアの強み

スマシアでは、以下のところに注力しています!

・施工は自社職人が行います。下請業者との中間マージンを省き、コストを抑えることができます。
・自社職人が直接お客様とのやり取りをするので、きめ細やかな提案と施工ができます。
・実際に専門工事に携わってきたので、お客様の要望に対してスムーズに対応ができます。
・新潟県上越地域と中越地域を中心に展開する地域密着型の会社として、家族の安心と安全を守る住まいづくりをご提案します。
・女性職人も活躍中! 細やかな気配りとやわらかい感性を活かして理想のリフォームを実現するお力になります。

スマシアは、地域密着型の会社です。長くおつきあいしていただくことで、より、その良さを実感していただけます。まずはお見積り、ご相談からお気軽にお申しつけください。

 

パナソニックリフォームのまとめ

パナソニックリフォームでは、確かな技術力と設計提案力を活かしたリフォームが可能です。信頼できるリフォーム会社と一緒にあなたの理想を実現しましょう。家族が安心して末永く暮らせる家をご提案します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今ならWEBからのお問合わせで最大4つの特典付き
1
お問い合わせいただいた方に
失敗しない満足いく
リフォーム辞典を

プレゼント
リフォーム辞典

2
どんな小さなリフォーム工事もご相談ください。
WEBからのお申し込みで
ご成約の場合、
全てのリフォーム工事が

10%OFF

3
10万円以上のお客様には
壁紙補修キット
プレゼント
壁紙補修キット

4
30万円以上のお客様には
アクセント壁紙一面
無料施工
アクセント壁紙一面
特典付きのお申し込みはこちらより
LINEからお見積り
新着情報一覧
© 2018 職人のリフォーム店.