押入れをリフォームしてクローゼットに!家の中をスッキリさせる方法と費用は?

和室にはマンション、一戸建てにかかわらず、押入れが必ずついています。でも……、押入れをうまく活用できているでしょうか? 普段使わないものを押しこんでいるだけではないでしょうか? これでは使わないものがドンドンたまっていく原因にもなります。

最近、和風の押入れを洋風のクローゼットにリフォームする方が増えています。家の中の限られたスペースを有効活用するためにも、押入れリフォームを考えてみましょう。

 

目次

押入れリフォームを考えるきっかけは?

押入れは寝具をしまうところ

押入れは、元々は布団をしまうための収納スペースとして作られていました。押入れは、「2枚の引き違い戸で幅1間(約170センチ)奥行きはその半分くらい」の構造がほとんどです。
毎朝、起きたときに、布団を三つ折りにして、「よっこいしょ」と1枚ずつしまうには適していたのです。

しかし、ベッドを利用する方にとっては、押入れの意味はなくなります。代わりに何を収納しようかと考えたとき、この2枚の引き違い戸が邪魔に見えてきます。
半分ずつしか開けられないために、80センチちょっとの幅しか開かないのです。

それに中間棚も押入れを上下2段に分けてしまうので、背丈のあるコートなどをかけておくことができませんし、スキー板や釣り竿などの長いものを入れることができません。押入れのスペースがムダになってしまっているケースもあります。

 

不要なものや季節ごとの洋服が押し込められている?

押入れを物置代わりに使っている方も多いようです。段ボール箱や収納ボックスなどを活用し、不要なものを入れておいたり、季節ごとの洋服、冬物のセーターや、夏物の半袖服を適切な頃合いに入れ替えたりするケースです。

衣装を入れた収納ボックスが、押入れに詰め込まれた状態で、外からうまく中身が確認できないと、そのうち「確かめるのも面倒!」となり放置されてしまいます。
こうなると、忘れ去られた段ボールや収納ボックスが、入れた順番に置かれているだけになってしまい、
「必要なものを必要なときに即座に取り出す」という、収納の本来の役目がほとんど機能しなくなります。
中を確かめるのも億劫になり、ふすまを開けるのも年に数回程度となっていることもあるようです。

 

湿気、カビ、ムシが繁殖する

押入れの中は風通しが悪いため、湿気がこもりがちです。湿気がたまると結露したり、水分が多くなるとカビが生えて衣類や布団などの布地を駄目にしたりします。部屋の隅から漂ってくる臭いは、押入れからのカビが原因なのです。
そして、ダニなども繁殖します。そのため、押入れの中身は、定期的に日光に当てて干すという作業が必要です。

 

家の収納スペースが足りていない

「そもそも家の収納スペースが少ないのでは?」と、感じている方も多いかも知れません。実際、多くの方が、「家の中が散らかっている」「片付けても、片付けても……全然片付かない」「実際、これ以上収納する場所がないよ」と考えています。

そもそも家のなかの収納スペースが足りていないということもあります。これは設計段階での問題もありますが、家族が大きくなってくると、物が増えたり、思い出の品物が捨てられなくなったりして、押入れにしまい込んでしまいます。

そのため「モノが多すぎてパンクしている?」と錯覚に陥っています。一度、本当に必要なものかどうなのか、「分別」して不要なものは捨てることも大切です。
限られたスペースを活かすためにも、不要なものをできるだけ放置しないようにしましょう。

 

押入れをリフォームすると、こんなにスッキリ!

収納スペースが増える

標準的な4人家族では、どのくらいの収納スペースが必要でしょうか。
普段の衣類や学校のかばん、季節ものの衣類、夏布団(冬布団)やお客様用の予備の布団、ひな人形や五月人形の飾り、子供のおもちゃ、掃除機に消耗品。他にもあるでしょう。

押入れをクローゼットにリフォームするだけで、収納できる量が圧倒的に多くなります。

 

中のモノの出し入れが楽になる。見える化できる

ふすまをやめて、折り戸にすることで中身全体を見渡すことができるようになります。また、棚や仕切りを追加することで小さなものを置くことでその上の空間が使えなくなる「デッドスペース化」をなくすことができます。

洋服選びも楽しくなり、毎朝、楽しい気分が味わえますね。

 

必要なモノを残し、不要なモノは処分へ

いつまでも不要なものをしまい込んでいると、スペースの無駄になるだけでなく、カビや無駄の原因になったり、運気を下げることにつながるおそれも。
何年、何十年前の衣類やコート、着物など。これらは思っていた以上に家の収納スペースを食い潰しているものです。

処分してしまうと、「驚くほど広々したスペースが現われた!」なんてこともよくあることです。
定期的になかの物をチェックする習慣をつけるといいですね。

 

スペースを広くしてウォークインクローゼットに

もう少し大規模なリフォームでは、クローゼットの面積を増やし、ウォークインクローゼットにすることもできます。
普通のクローゼットの面積は1畳程度ですが、ウォークインクローゼットでは、中で人が動けるスペースを設けるために、3畳程度が必要となります。
部屋の面積を小さくしてウォークインクローゼットの面積を確保することもできますし、隣の部屋とつなげて、両方から出入りができるようにすることも可能です。

マンションでは、洗面・リネン室へとつながる設計になっているところもあります。
ウォークインクローゼットを通って、洗面室と寝室を行ったり来たりできるので、お風呂上がりや朝の着替えのときに、たいへん便利です。

 

作業スペースとしても使える

押入れは前と左右の三方の壁が塞がっています。押入れを改造して書斎などの、「作業スペース」として用いた場合、三方からの視線をさえぎることができるため、集中して作業することができます。
この効果を利用して、パソコンデスク、裁縫机、読書机、はたまた、オーディオスペースなどとして使用することも可能となります。せっかくのリフォームですので、もし、スペースが許すなら、ご自身の好みの場所に作り替えてみるのもいいですね。

 

押入れリフォームの方法と内容

簡易リフォーム

元の押入れの構造をそのまま利用した、簡易なクローゼットです。
ふすまを外し、カーテンや扉を取り付け、中にハンガーパイプを設置し、中間棚を撤去します。
壁紙の張り替えをしないので、見栄えはあまりよくありません。収納スペースなので家族以外に見られることもなく、費用を抑えて簡単にできるリフォーム方法です。
そのうえ、開け閉めがしやすくなったり、中の物が見やすくなるので、機能面ではよくなります。

ただ、押入れの中間棚の撤去が必要ですので気軽なDIYでは困難です。

一般的なリフォーム(クローゼット化、扉、床の交換)

押入れをクローゼットに変更する一般的なリフォームです。
ふすまを扉に変更して、中間棚を撤去します。床や壁紙も貼り替えるため、洋室のクローゼットとして違和感なく仕上がります。

和室を洋室にリフォームする際にも用いられます。
詳細は次の通りです。

扉は折り戸、引き戸、開き戸があります。
折り戸は折れることで、収納の中身を全部一度に見渡すことができますので便利です。

作動スペースの少ない引き戸でもいいでしょう。ただし、引き戸の場合全体を一度に確認することができないデメリットもあります。
開き戸は手前に大きな作動スペースを必要とするので、選択する際には家の作りなどを考慮してリフォーム会社の担当者によく相談してください。

壁紙

クローゼットも湿気がこもりやすいので、収納物が傷まないように、壁紙は吸湿性のある、機能性材料(専用の吸湿壁紙や珪藻土壁紙)を選びます。

専用の壁紙では、温度や変化に応じて吸湿・放湿し、結露やカビの発生を抑える効果があり、廊下やトイレ、クローゼットなどに使用されるものです。室内とほぼ同じ湿度で壁紙全体も保たれるため、静電気も発生しにくく、チリやホコリがつきにくい「帯電防止効果」もあります。

また、通気性もあります。透湿性があるので、結露・カビの発生を抑えます。調湿ボードなどの壁面に機能を持たせるときは通気性クロスが効果的です。

一般的な押入れでは、布団の収納用に、薄いベニヤ板だけの場合がほとんどです。それをはがして、床下材を補強します。その上で厚板材を貼ります。壁紙とデザイン性を合わせるために、クッションフロアのパネルか、複合フローリングを貼ります。

オプション

また造り付け家具でスライド式収納(引き出し)を取り付けることもできます。
押入れの奥行きが深いことを利用し、スライドできる引き出しをつけることで、収納スペースが広がります。

 

大型リフォーム(ウォークインクローゼット)

押入れのサイズをさらに拡張してウォークインクローゼットを作る方も多くなっています。「和室そのものを使用しなくなった」「部屋ごと撤去したい」と言ったニーズがあります。

普通の押入れは1畳程度なので、中で人が作業することは困難ですが、一般的なウォークインクローゼットですと3畳程度の広さとなり、中で人が動き回ることができます。収納している衣類の管理などもしやすいので人気です。

ただ、壁の解体など大規模な工事となります。また、元の和室がクローゼットを広げた分だけ狭くなると言った点もデメリットとして挙げられます。

 

押入れをクローゼットにする際のチェックポイント

押入れは布団の収納には便利なスペースです。これまで使い慣れている方にとっては、背の高いクローゼットにすることで、思わぬデメリットが生じる可能性もあります。
事前にチェックしておくべきポイントを考えてみましょう。

 

布団の収納はどうするの?

毎日布団を使っているという方はもちろん、普段はベッドだから布団の出し入れには使わなくても、来客などでなにかと布団が必要なことがわかったという場合、布団を収納できることが必要です。
そんなときは、クローゼットの床にすのこを置いたり、布団用のラックやキャスター付のキャビネットなどを置き、その上に布団を載せて、クローゼットにしまうという方法もあります。これなら布団が湿気で傷まないよう、床からの距離も取ることができます。

 

クローゼットは何に使うのかも考えておこう

いまの押入れをクローゼットにしたあとで、なにをしまいたいのかを考えておきましょう。
しまうものによっては、押入れのままにしておいた方がいい場合もあります。
クローゼットに向いた使い方と、押入れの方が便利な使い方があります。

<クローゼット>
①コートなど丈が長く高さが必要なものの収納
②子供のおもちゃなど棚に入れると上の空間が空いてしまうもの
③季節ごとに衣類を入れ替えているが、全ての衣類を一目で確認したい
④衣類をハンガーにかけてしまうことができる
⑤インテリアとして部屋にマッチする
などがメリットとして挙げられます。

 

<押入れ>
①来客用の布団や季節ごとの寝具を収納するのに向いている
②衣類より布団の方が収納スペースを圧迫する
③急に誰かが来たとき、部屋中のモノを一時的に押し込んでいられる
④長期保管のモノなど段ボール箱にいれてなおせる
⑤中間棚があるため、段ボールを詰め込めばデッドスペースも少ない

 

といったメリットがあります。
クローゼットも万能ではありません。使う部屋によって、ここはクローゼットで行くのか、あるいは押入れの方がいいのか、ゆっくり考えてみましょう。

押入れリフォームをするのはだれの部屋?

さて、クローゼットを採用するかどうかを決めたら、次の段階です。どの部屋をリフォームするか。もう少し検討してみましょう。

 来客用

夫婦の両親など、お客様が泊まりにくることもありますよね。、そのときに使用するのは、布団でしょうか? 年に数回しか来ないのであれば、わざわざベッドを入れる必要はありませんし、普段は物を置く場所として使っていても問題ありません。
布団は、布団用の圧縮袋などに入れて、季節のものなどをしまっておくスペースとして活用することもできます。

子供部屋

子ども部屋は、おもちゃや学校で津悪道具、習い事の道具など、なにかと物があふれがちです。これらをまとめてきれいに片付けるには、クローゼットのなかに大きめの収納ボックスを入れて、大まかに分けてしまっておくのが便利です。

毎日使いたいものは、いちばん取り出しやすい場所に置いておくと便利です。また、子どもが自分で物を管理したり、部屋を片付けることを習慣化する効果もあります。

親の部屋

高齢の両親と同居されている場合、布団の出し入れが困難になり、介護用のベッドを置くこともあります。自分の身の回りのことがしやすいように、衣類など必要なものをクローゼットに集中させておけば、移動も楽ですし、他の人が見てもわかりやすくなります。

また、貴重品をしまっておく小型の金庫や引き出しなどもあると安心ですね。

自分の寝室

働き盛りの夫婦の場合、衣類やバッグ、ハンカチや時計などの装飾品も、なにかと多くなります。
毎日出勤する場合には、アイロン済みのシャツが数枚必要になったり、スーツも何着か保管しておかなければなりません。

出張などの移動が多ければ、キャリーケースやスーツケースなどの大型のものも、すぐに出し入れできる位置に置いておきたいものです。

このように、ご自身のライフスタイルに合わせて、クローゼットの使い方を考えておくことが必要です。

 

仏間、仏具はどうする?

家の中の置き場に困るのが仏壇や仏具。
専用の和室があればいいのですが、なかにはリビングの済みに置いたり、夫婦の寝室に置いたりしているケースもあります。

仏壇の置き場所には、仏間、床の間、居間、洋室(リビング)などがあります。
和室に専用の場所があればいいのですが、ない場合は、押入れやクローゼットを改装して、仏間を作るケースもあります。

これに対し、リビングなどに仏壇を置く例も増えているようです。ただ、毎日くつろぐ場所に仏壇があると落ち着かないと思う方は、うまく目線を外せる場所を確保するようにしましょう。

押入れをリフォームする際に、仏壇を置く場所も考えておくようにしましょう。

床や通気性、扉の開閉スペースなどもチェックしよう

床材

押入れの床は下地材の上に薄いベニヤ板を貼ったものが多く、湿度や長年の荷物の重みで傷んでいる場合があります。元々は布団を入れるためだけの空間ですから、そんなに重みがかかることは想定されていないことが多いです。

ウォークインクローゼットなどにする場合であれば、下地材を補強する必要があります。
工事の際に傷みをチェックしましょう。

通気性

押入れやクローゼットの中の結露にはあまり気付かれないもの。気がついたら衣類や布団がカビ臭くなっていたりします。特に場所的に外壁に接した位置に配置されていることが多く、外気との気温差で湿度が高くなりがちです。
壁紙やボードに吸湿性素材を使用することである程度改善できます。

扉の開閉スペース

元々の押入れは二重引き違い戸です。開けるためのスペースは扉の厚みの数センチだけで済みます。ただ、半分ずつしか開けられないというデメリットがあります。

折り戸は扉の板が折れることで、クローゼットの中身全体を同時に見ることができます。開閉スペースは折り戸を手前に引く20~30センチほどです。クローゼットの扉の主流は折り戸です。

開き戸は全体を一度に開けられますが、開閉スペースとして、手前にドアの幅だけ必要になりますので、その分のスペースが確保できるか、事前にしっかり見てもらいましょう。

 

押入れリフォームの費用と日数

リフォームする部屋が決まったら、実際、どのような形で工事をするかを考えていきます。

子供部屋ですぐに成長するからあまり費用をかけないで簡易リフォームでいい。反対にリビングも兼用していてお客様の目にもとまることがあるから、お金をかけて工事したいなど、目的によって、費用も作り方も様々です。

ここでは、押入れリフォームにひつような費用と日数の例をご紹介します。

 

簡易リフォームの場合

押入れの中間棚を撤去し、ハンガーパイプを設置し、扉を引き戸に交換します。

1日目:玄関から作業部屋までの廊下の養生、扉、中間棚撤去
2日目:材料搬入、ハンガーパイプ設置、カーテン設置、清掃、引き渡し

工事期間 1~2日
商品代金と工事代金合計 110,000円~

 

一般的なリフォームの場合

押入れの中間棚撤去、天袋撤去、床張り替え、壁紙張り替え、ハンガーパイプ設置、扉を折れ戸に交換

1日目:玄関から作業部屋までの廊下の養生、中間棚撤去、天袋解体、床張り替え(補強)、壁紙張り替え、
2日目:材料搬入、ハンガーパイプ設置、扉設置、清掃、引き渡し

工事期間 2日程度
商品代金と工事代金合計 200,000円

 

大型リフォームの場合

押入れ部分を解体し、面積を部屋側に拡大し、3畳のウォークインクローゼットを作ります

1日目:玄関から作業部屋までの廊下の養生、既存押入れ解体、手前側和室の解体、
2日目:解体作業、壁補強作業、ウォークインクローゼット造作
3日目:材料搬入、床張り替え、壁紙張り替え、扉設置、清掃、引き商品代金と工事代金合計渡し

工事期間 3~7日程度
商品代金と工事代金合計 300,000~500,000円

 

 

リフォーム会社の選び方

「押入れ→クローゼット」へのリフォームの概要について説明してきました。
いよいよリフォームをしようと決めたときに、問題になってくるのが、リフォームをどこに依頼するかです。

「リフォーム会社はどうやって選べばいいのだろうか?」「全国規模のチェーン店と地域だけで営業している小さな店とどっちがいいのだろうか?」「インターネットで調べたら検索結果の数が多すぎてかえって選べなくなってしまった」なんてことはありませんか?

ここでは、リフォーム会社の選び方について、ご説明していきます。

 

家の構造や家族構成に合わせてアドバイスをくれるか

まずは現状の家の構造や家族構成を説明してみて、それに対して適切なアドバイスができるかどうかです。リフォーム会社は「家」の専門家でもあります。

家族構成は年々変わっていくこと。家を建てたとき赤ちゃんだった子供はリフォームが必要となった時期には中学生・高校生になり、建て替えが必要な頃になれば、就職して家を離れていく。そうした長い目で家を見ています。
リフォームでどんな家にするのか、どんな風に暮らしたいか? 一緒に考えてくれるリフォーム会社を選ぶべきです。

 

費用や工程を具体的に説明してくれるか

次に大事なのは、見積費用明細を具体的に示すこと。何かわからないが、諸経費としてざっくりとした小さくない数字が入っていて、説明を求めてもはっきりした答えが返ってこない。
また、工程表も出してこない。こんな会社は避けるべきです。

家族にとって大切な「家」の工事ですから、いつ、どんな作業をして、家庭生活にどんな影響が出るのか。例えばいつ水が止まるとか、いつ家の前に工事車両が何台停まるのかなど、日常生活に影響することは事前に連絡してくれないと困りますよね。
実際、家を空けられない時間がわからないのでは、買い物にも行けません。

また、費用は自社施工の会社なら、明細を説明できるはずです。不明朗な見積明細は、自社が元請けでなかったり、または、自社から他社に下請けに出したりしたことで生じる中間経費をそのまま載せられないためでもあります。

 

身だしなみ、マナーは大丈夫か

工事をすれば確かに衣服は汚れます。だからといって家の中に入るのに汚れた靴下や作業服ではいい気持ちはしないですよね。最低限、他人の家に上がるのに、服装が汚れていないかは気遣うべきです。きれいでサッパリした身だしなみは社会人としてのマナーです。

また、工事中はご近所の人にも迷惑をかけることになります(騒音や近隣の家の前に一時的にせよ、トラックを停めたりなど)。ご近所の人にもきちんと挨拶し、施工主さまが後でお叱りを受けるようなことは避けるべきです。
職人は、職人である前に社会人なのです。社会常識・マナーも守れないような会社では先が思いやられます。

 

リフォーム後も長く付き合えるか

工事は「生き物」です。外見上なんともないようでも、壁をはがしてみて初めてわかる、下地の木材のカビや腐食その他のトラブル。さらには、床下に潜ってみると、配管から水が漏れていたりと何が起こるかわからない面があります。専門の工事経験が豊富だと、いざ、そう言う場面に出くわしても即座に対応できます。

そして工事が完了し、引き渡しがすんだ後でも、何か不具合があれば、担当者への電話一本ですぐに対応してくれるようなリフォーム会社を見つけ、末永くつきあっていくべきです。普段の安心感が違ってきます。この点、地域密着型のリフォーム会社がおすすめです。

 

スマシア株式会社の強み

・実際に専門工事に携わってきたので、きめ細かな提案と施工ができる。
・自社職人が在籍しているので、お客様の要望に対してスムーズに対応ができる。
・対応のスピード感が違う。
・自社施工により、中間マージンや経費をかけない分、良いものを安く提供できる。
・新潟県上越市と中越市に本拠を置き、県内のお客様との距離感が近い。

地域密着型の会社です。
長くおつきあいしていただくことで、より、その良さを実感していただけます。

 

まとめ

「不要なモノがぎっしりで、中に何がどれだけ入っているか、全く把握できていない」といったほとんど機能していない押入れ。
リフォームによって機能的なクローゼットにすれば、家内の収納スペースが増え、スッキリさせることができます。
また、扉を開けるだけで、中のものを一目で見渡すことができることから、不要なものがあればすぐにわかり、整理整頓がしやすくなります。

家の中を広く使うためにも、収納スペースの活用が欠かせません。
「押入れ・クローゼット」の使い方から相談できるリフォーム会社を見つけて、目的に合った押入れリフォームを実現していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今ならWEBからのお問合わせで最大4つの特典付き
1
お問い合わせいただいた方に
失敗しない満足いく
リフォーム辞典を

プレゼント
リフォーム辞典

2
どんな小さなリフォーム工事もご相談ください。
WEBからのお申し込みで
ご成約の場合、
全てのリフォーム工事が

10%OFF

3
10万円以上のお客様には
壁紙補修キット
プレゼント
壁紙補修キット

4
30万円以上のお客様には
アクセント壁紙一面
無料施工
アクセント壁紙一面
特典付きのお申し込みはこちらより
LINEからお見積り
新着情報一覧
© 2018 職人のリフォーム店.