洗面台をリフォームするタイミングは?すっきり快適な洗面台の選び方と費用まとめ

洗面台は家族みんなが毎日何度も使う場所。だからこそ快適に使いたいところですが、実際には化粧品や歯ブラシ、整髪料にひげそりなど、なにかと物があふれてしまいがちです。
また、朝などの集中する時間は、場所の取り合いにもなりかねません。

そこで、ここでは洗面室を機能的で快適な空間にするための、リフォームのコツと費用、人気メーカーの洗面台についてご紹介していきます。

目次

洗面室で起こるこんな状況、リフォームの時期では?

人と物があふれがちな洗面室。家族が一日に何度も使う場所だからこそ、不具合も出やすくなりがちです。
もし、こんな状況が見られたら、洗面台や洗面室のリフォームが必要かも。リフォームのタイミングについてまとめましたので、あなたの家の洗面台もぜひ一度チェックしてみてください。

 

洗面ボウルのヒビ、損傷、栓が閉まらない、水漏れなど

洗面所の洗面ボウルは陶器でできています。温度変化や日常の動作、例えばモノをぶつけたり、落としたりといったことで、だんだんヒビが入り、破損が広がっていきます。
そこから水が漏れるようになれば、まさしく「リフォーム時」といえるのですが、そこまで放置していると、洗面室の床下材や土台の木材が腐食するおそれもあります。
ヒビなどの損傷や水がもれを放置するのは危険です。実際の「リフォーム時期」はもっと早くなります。

 

排水管のつまり、栓が閉まらない

髪の毛や水アカが排水管にたまってくると詰まりやすくなります。洗浄剤やステンレス・パイプクリーナーなどを用いて掃除できますが、配管が古くなると、それも追いつきません。

また、水道栓はゴムでできていて数年に一度の交換が必要です。
これらは、部品交換でメンテナンスができるようにできていますが、それも、やっぱり寿命があります。

「こちらを直したと思ったら、あちらから水が漏れている」というように、メンテナンス費用がかさみはじめたら、もう洗面台を取り替えるタイミングにきているといえます。

 

ボウルが小さい

手で洗いたいものが入らない。
(バケツなどの掃除道具、子供の靴を洗う、ペット用品を洗うなど)
まるごとザブッと水につけて洗剤でゴシゴシ洗いたい物ってありますよね。特に汚れをしっかり落としたいぬいぐるみや、学校の上履きに運動靴など。
でも、ボウルが小さく全部入らない上に、洗おうとしてこすると周りに泡や汚れた水が散乱し、掃除するのに二度手間になってしまう。
まるごとボウルにつけて、洗えたらいいなと思ったことはありませんか?
こういうとき、リフォームして洗面ボウルのサイズを変えるきっかけになります。

季節の変わり目などに、手洗いしたい洋服が何枚もあるときも、ボウルが小さいと一度に洗える量が少なくなり、手間が増えてしまいます。

 

洗面室のスペースが狭い

子どもが大きくなってくると、出勤・通学時間が重なり、朝の時間に洗面・歯磨きが集中してしまいますよね。こんなとき、二人用の二連洗面ボウルがあると便利です。一人がゆっくりしていても、もう片方が空いています。さっとすませて電車に間に合います。

また、脱衣スペースが狭くなったというケースも。おじいちゃん、おばあちゃんが年を取って身体の自由が若いときほど利かなくなったとき、高齢者向けのバリアフリーが必要になることも考えられます。手すりなどの設置が必要になると共に、介助が必要になった場合もには、二人が動けるスペースが必要になります。

 

収納が少なすぎて物が収まらない

家族みんなのモノであふれかえっている。それでなくても、洗面所は散らかりやすいのに、各自愛用の洗顔、美容、化粧用品、小物類が増えていきます。

それぞれが一番使いやすい位置においておきたいなど、場所取り競争が始めります。
でも、それでは「生活感」が丸出しになってしまいます。他人から見ればあまり見よいモノではありません。特に洗面所は大切なお客様が使用することもあるところです。あまり「生活感満載」だと見られて恥ずかしい思いをすることも。キレイにまとめるためには、適切な収納スペースを確保するため、キャビネットの導入するのもひとつの方法です。

 

あると便利! 洗面台&脱衣場の機能は?

 

洗面室のリフォームや見積りを、いきなりリフォーム会社に頼む前に、洗面室の機能を考えてみましょう。洗面所は毎日何度も使う場所ですが、家族それぞれによって使い道は違います。
「洗面台、洗面室に何を求めるか?」によって、リフォーム内容が決まるといっても過言でありません。

 

洗面・手洗いにもさまざまな使い道が!

洗面台は顔を洗って歯を磨くだけではありません。ざっと思いついただけでも、家族の洗面、歯磨き、手洗いのほか、ドライヤーかけ、ひげそり、服の手洗い、掃除用品の洗浄、ペットの足を洗ったり、とにかくいろいろなことに使用します。

特に朝の洗面所は大忙し。子供たちやお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんたちがひっきりなしに使います。
中には「手洗いだけにしか使っていないんだけど」という人がいるかと思えば、「朝のシャンプーと髪のセットは欠かせない。あとお化粧も」という人もいます。

ここで考えることは、本当に洗面台に必要な機能とはなにかですね。一度、時間を取って家族で話し合ってみるのもいいですし、みんなをよく観察しているお母さんがうまく決めてもいいのではないでしょうか。

化粧台、パウダールーム

毎朝洗面台でお化粧する人は、収納、鏡(三面鏡など)、スペースが必要です。
それに、照明が明るい日光色でないと鏡に写る顔の色も不自然です。もし、青白い蛍光灯の下で見ているのであれば、顔色も悪く見えますよね。「最近、化粧ののりが悪くなったわ」と思っていたら、照明が問題だったということもあるのです。

洗面所のキャビネットがなかったり、機能的に使えなかったりすると、必要な化粧品や化粧道具が使いにくくなります。よく使う化粧品と小物だけでも手の届く範囲内においておきたいものですね。

 

脱衣・着衣スペース

浴室に入る前後の脱衣・着衣のため、保温、保湿、バリアフリーのためのスペースが必要です。
大抵の家屋では、洗面所と浴室の脱衣所が兼用になっています。お風呂に隣接しているため、風通しがよくなるように施されていますが、その反面、冬場は寒くなりがちです。
お風呂に入る前と後は暖かくしておかないと、湯ざめをしたり、急檄な温度変化から起こるヒートショックを発症しやすくなります。そのため、洗面室は保温、保湿の両方が望まれるのです。

また、おじいちゃん、おばあちゃんの脱ぎ着にお手伝いが必要になった場合、介助者が動くスペースも必要になってきます。
車いすが必要になったら、お風呂は専門家に任せるとしても、洗面所は車いすに対応したタイプに変えていく必要があります。

 

洗濯機の置き場

洗濯機を置くと、洗剤類、脱衣カゴ、衣類の収納が必要なほか、導線(人の動きをなぞった線、流れるライン)も考えなくてはいけません。脱衣カゴから洗濯機に汚れ物を入れ、洗濯後に取り出し、乾燥機に入れるか、浴室乾燥機を使うか、物干し場に持って行く、乾いたあとの衣類をたたんでしまうまでの一連の動作を考慮しなくてはなりません。
できれば、このとき洗濯物がキレイになったかどうか、汚れが残っていないかを確認するために、ここにも専用の照明があれば便利です。

 

収納

衣類(下着類などを洗面所内に収納しておけば入浴時に便利です)やタオル、消耗品(ティッシュや洗剤、石鹸やシャンプー・リンスなどの浴室用品)、化粧品(そのストックも含めて)、掃除用品(モップなどかさばるもの)も出来れば洗面室内に置いておきたいものですね。
洗面室内は無理でも洗面所近くの物入れに収納しておけば、普段の生活に便利です。

 

ペットのトイレを置く

リビングなどの他の部屋がカーペットやフローリングなど、汚れがついたときに落としにくい場合、洗面所のように水に強い床材の部屋をトイレのペットの部屋にする場合があります。ペットたちの憩いの場として、スペースを考えることも。

大小さまざまな掃除用品を置く

家の中に十分な収納スペースがないと、掃除機やモップ、バケツなどの掃除用品を洗面室に置くケースがあります。掃除用品は最後に水洗いをする物が多いので、洗面室に置いておくのがなにかと便利ですよね。
雑巾やスポンジを洗った後に、浴室で乾かすこともあります。

掃除用品は日常生活のなかではあまり目に触れたくないものなので、脱衣場のすぐ横に掃除用品が置いてあるのを見ると、がっかりしてしまうことにも。
それをうまく隠せるスペースがあるとうれしいですね。

このように、洗面台は「まずは、どんな機能が必要なのか」を考えることが重要です。
家族で十分に話し合い、あるいは、各自の使い道を観察し、どんな機能が必要なのかをまとめてみましょう。

 

いろいろ選べる洗面台のタイプ

洗面台

システムタイプ

洗面ボウルや鏡、水栓金具、照明、収納キャビネットまで、洗面台の各パーツを自由に選んで組み合わせることが可能なタイプの洗面台をいいます。デザインの自由度が高いために脱衣所や洗面室のスペースによって、コンパクトにまとめたり、反対にダイナミックさを出したりと使い分けが可能です。
最近ではユニットを部分的に組み替えられる形状のものもあり、置き場所のスペースやデザインに合わせることも可能です。

ユニットタイプ

あらかじめ決まった間口(幅)で作られ、洗面ボウルや水栓金具、鏡、収納用キャビネット、照明などすべてがセットになっているものをいいます。一般の住宅ではもっともポピュラーなタイプです。

 

洗面ボウルのタイプ

丸型から四角いタイプまで広くあります。

 

形式で分類する

・ベッセル型

今人気があるタイプです。カウンターやキャビネットの上にボウルを設置したタイプです。デザイン性が高く優雅な印象があります。洗面ボウルの高さにボリュームがあるためカウンターの高さが低くなります。

・アンダーカウンター型

カウンターの下から直接取り付ける洗面ボウルです。カウンターとボウルの間に段差が生じないため、カウンターの上部に水がこぼれても洗面ボウル内に落としやすく、掃除しやすいというメリットがあります。

・埋め込み型

カウンター上部に穴をあけてボウルを落とし込むように設置するタイプです。ボウルとカウンターの縁のデザインを選ぶことにより、使いやすいものになります。

・半埋め込み型

ボウルの半分ほどをカウンターから下に埋め込まれたタイプです。ベッセル型と埋め込み型の中間といえます。洗面器のデザインを楽しみつつも、高さを抑えることができます。また、ボウルの深さも見た目以上に確保することができ、デザインと実用性両方で優れています。

・ペデスタル型

ボウルを床から配管兼用の一本足で支えるタイプです。壁面にとりつけることですっきりしたデザインになります。

 

材質で分類する

・陶器製

のメリットは、この素材ならではの「美しさ」や「高級感」があるということです。硬さもあるため小傷などがつきにくく、お手入れがラクなのもすぐれています。
現在、主流となっているため、各メーカーから製品が出ているため、選択肢が豊富であるのもオススメできる点です。

・樹脂製

メリットは割れにくいこと。大きなものをボウル内に落としても耐えることができます。また、樹脂の成形のしやすさから、カウンターとの継ぎ目のない一体型とできるため、手入れの面倒な継ぎ目のお掃除もラクになります。

・ホーロー製

3~5ミリの鋳物の鉄材の上からガラス質の釉薬を塗って高温で焼いた素材です。表面が硬いため傷がつきにくく、耐火性にも優れています。洗剤の酸やアルカリにも強いため、水仕事にも向いています。
ただ、扱っているメーカーはあまり多くありません。

 

鏡のタイプ

洗面台でお化粧をする女性には三面鏡が人気です。
横や後ろなど多方面から自身の顔や髪型をチェックすることができるため便利です。お化粧のときにも左右均等にバランスよくキレイに仕上がります。

ただ、三面鏡の後ろの収納にお化粧小物を入れている場合、脂(あぶら)やワックスなどのついた手で鏡に触れることもあり、それが汚れとしてついてしまいます。
気になる場合はスタンダードな一面鏡がおすすめです。

 

洗面ボウルの高さ

床面から洗面ボウル上端までの一般的な寸法です。
75、80、85センチと種類があります。家族構成や家族の体型によって選びます。小さなお子さんがいらっしゃる場合は低く、大人が中心に使うのであれば腰をかがめないでいい高さを選ぶのがおすすめです。

 

収納スペース

家族の人数や使い方に合わせて選びます。
洗濯機の周り、洗面台は散らかってしまいがちです。限られたスペースをいかに使うかがアイディアの使いどころともいえます。

①タオルや洗剤など使用頻度の高いものは、壁面スペースに棚を設けるなどすると機能的になります。よく使うものほど取り出しやすい場所に。

②洗面台前の収納は、家族の歯ブラシや歯磨きペースト、石鹸の置き場に。既設の収納の下に板を増やして置き場を作るのもいいですね。

③収納ラックは、よく使うバスタオルや普通のタオル、シャンプー・リンス類のストックはラックに収めて浴室の近くにまとめると便利です。

 

扉の交換

洗面所の扉は窓がついていると、誰かが使っているときに電灯がついているのが外からわかるので、便利です。

そのほか、ドアの開閉方式も色々あります。
・開き戸
開き戸は控え壁の必要がなく、周囲に扉の引き込みのための空間がなくても取り付けられます。また閉じたときに枠とドア本体が密着するため、密閉性にすぐれます。冬の寒い季節など、お風呂上がりに隙間風でつらい思いをしなくてすみます。ただし、ドアを引くスペースが廊下側に必要なので、廊下やインテリアの配置も考える必要があります。

・折れ戸
開き戸で、ドアが途中で折れて開くタイプです。ドアを引くスペースがない場合など、折れ戸にすると便利です。風の強いときなど、お風呂場の気圧差で折れる部分が開いてしまう場合があります。

・引き戸
開き戸や折れ戸と異なり、開けたときに壁から出っ張る部分がないのが特長です。開けたときに人が立っていたり、ものが置かれていても、当たる心配がありません。
考慮しなければならないのは、戸を開けたときの収納部分、戸袋のスペースです。ドアの厚み分だけはどうしても必要になります。

 

その他オプション

・コンセントの数

電気シェーバーや、ドライヤーなど同時に使うかどうかで個数を検討しましょう。

・二連の洗面ボウル

お子さんが二人、あるいは、お子さんが一人でもお父さんやお母さんの出勤時間と重なるなど、一度に二人が使える仕様です。一人がゆっくり使っていても待たなくていいので、人数の多いご家族では喜ばれます。

・鏡の防曇機能

電気で鏡の裏から温め、曇りを生じにくくします。これも、リフォームの際に採用を検討されてはいかがでしょうか。お風呂上がりなどに鏡を使うときに曇らないので便利です。

・フットスイッチ足元暖房(足元暖房)

キッチンや洗面台のスポット暖房で効率的に足元を温めます。
意外と盲点になっているのが洗面所の暖房です。スイッチオンですぐに温かくなります。冬場の寒さを感じる足元を温風が直接温めます。特に水仕事をするときに効果的となります。
コンパクトなので設置はリフォームに合わせて行えば簡単です。
電気式で火は使わないので、安心・安全です。
出力により、使うとき・使う場所に合わせて、「足元だけ」「部屋全体」を選ぶことができます。

 

洗面台リフォームの範囲は?

キャビネットだけの交換、ユニットタイプの洗面台を設置

現在ある洗面台を撤去し、新しいユニットタイプの洗面台に交換します。

<間口サイズは75センチ同サイズの例>

作業内容:入り口から洗面所までの床、壁の養生、古い洗面台撤去、新洗面台搬入・据え付け、配管、清掃、養生部片付け

工事時間 1日
キャビネット商品代金 81,000円
取付工事費 30,000
合計金額 111,000円

 

 

2)脱衣スペースの床、壁紙の張り替え

洗面台を取り外して、改めて部屋を見渡したとき、壁が変色していることに気付くことが多いと思います。機能と見た目の劣化は洗面台だけではなかったりします。この機会に、洗面所(脱衣スペース)の床や壁紙の張り替えなども行ってみてはいかがでしょうか。

<洗面室のリフォーム+ユニットタイプ洗面台>

作業内容
1日目:入り口から洗面所までの床、壁の養生、古い洗面台撤去、古い床・壁紙撤去、新壁紙貼り付け、新床貼り付け
2日目:新洗面台搬入・据え付け、配管、清掃、養生部片付け

工事時間 2日程度
洗面台商品代金 240,000万円
床の張替え 40,000円
クロス張替 40,000円
合計金額 320,000円

 

 

3)こだわりタイプの洗面台へ交換

システムタイプ洗面台の場合、どの部分をどんなタイプにするかをチョイスする「カスタマイズ」で値段は異なります。

<間口サイズ180センチ、ミドルクラス洗面台への交換例>

作業内容:入り口から洗面所までの床、壁の養生、古い洗面台撤去、新洗面台搬入・据え付け工事、配管、清掃、養生部片付け

工事時間 1日程度
洗面台商品代金 280,000万円
床の張替え 40,000円
クロス張替 40,000円
取付工事費等 150,000円
合計金額 510,000円

 

 

洗面台リフォームの費用と相場

人気メーカーの洗面台の機能と価格

洗面台選びの際には、設置場所(既設の洗面台)の間口(幅)×高さ×奥行きサイズが必要です。洗面台の上に梁などがある場合は床からそこまでの距離を高さと見なしてください。商品を探すときは間口のサイズから選びます。その上で、高さと奥行きをチェックし、入るかどうかを確認します。
現在、人気があるのは次の3社の製品です。

LIXIL(リクシル) oft(オフト)

<間口:500、600、750、1000ミリ>
蛇口に採用したエコハンドルで無駄なお湯を使わず節約できるほか、カラーバリエーションも豊富なモデルです。
参考価格:41,000円~

 

TOTO Vシリーズ(ブイシリーズ)

<間口:600、750ミリ>
収納しやすさ抜群の使い心地。日々の使用を快適にできる工夫が施されています。
排水口を奥隅によせた「すべり台ボウル」を搭載。広々使えてお掃除も楽ちんです。
参考価格:39,000円~

 

Panasonic(パナソニック) CLine(シーライン)

<間口:600、750、900、1000、1500、1600、1650ミリ>
多彩なプランで暮らしや空間にフィットします。オプションが豊富です。
タッチレス手洗いや、ツインラインLED照明など使いやすさを追求。子供や女性に使いやすい製品となっています。
参考価格:81,000円~

 

工事の流れと工期の目安

大まかな工事の流れは次の通りです。(ユニットタイプ+壁紙+床張り替えの場合)

①既存洗面台撤去:古い洗面台を撤去します。
玄関~洗面室の養生、洗面台撤去、撤去後の配管の状態を確認

②壁・床張り替え:洗面室内の壁と床をきれいに張り替えます。
壁クロス貼り、床貼り、作業後状態を確認

③商品搬入・給排水工事:新しい洗面台が到着です!
商品搬入、キャビネット取り付け、給排水工事

④商品設置完了:吊り戸棚の取り付けや水漏れの確認をすませれば設置完了です。
吊り戸棚取り付け、商品設置完了、(一時待避させていた洗濯機等据え付け)
清掃、お引き渡し

のような流れとなります。
工期は1~2日を予定しています。

 

洗面台を選ぶコツ

目的や機能面を相談する

洗面室は目的により「専用タイプ」と「多目的タイプ」に分れると思います。
洗面室内のスペースにもよりますが、「専用タイプは」洗面台と収納だけで部屋を使用するちょっと「贅沢な」部屋の使い方。洗面所で身だしなみを整え、お化粧をしたりする方も多いので、専用のパウダールームとして利用できます。

一方「多目的タイプ」は文字通り洗面室を多目的に利用、たとえば、パウダールーム・脱衣所・洗面・歯磨き・朝シャン・家事などのために用います。
目的によって、求める機能は異なります。
そのため、家族の間で、洗面室をどのようにしたいかということを、機能を決める前に話し合っておく必要があると考えます。

目的が決まれば、必要となる機能にどの様なものがあるか? これは、リフォーム会社の担当者に相談してもいいですし、ホームセンターなどでメーカーのカタログを取り寄せて検討してみてもいいかと思います。

ショールームへ行く

あらかたの計画が頭の中に思い浮かんだら、実際、カタログのモデルがどんなものなのか実物を見て、触って確認してみましょう。
意外と、最初に想定していたものより、大きい・小さい、機能の必要性などが違っているかも知れません。

ショールームで確かめること

・サイズの確認
・収納の確認
・お手入れ方法の確認

想定したものがその通りだった場合は、計画が非常によくできていたということです。

思っていたのと何かちがうという場合は、計画がしっかりしていたから、事前に判明したのです。無駄な工事をしなくて済んだと安心し、どこがどう違っていたのか、ショールームの担当者と話をしてみて、実際の家族の生活に即したモデルにどんな機種が適しているのか聞いてみましょう。

できれば、このタイミングで、信頼できる担当者を見つけておけるといいですね。

 

リフォーム会社の選び方

イメージを計画にする作業がすみ、実行に移すに当たって決めなければならないのがリフォーム会社です。この段階までに何度が担当者と相談しているのであれば、その会社を利用するのも一つの方法です。
今から決めるのであれば、どんな会社がいいのか?
いくつか条件を挙げてみましょう。

 

工事実績が豊富で、好みや希望に合わせて適切な方法とノウハウがある

何度もの「家族会議」を経て、必要性やイメージをもとに計画を立てました。この計画で実際の工事にするためにはもうひとつの段階が必要です。普段は目に見えないところです。ノウハウに当たる部分です。計画を元に実際の商品や、据え付けに必要な部品類を手配したり、工事箇所を細かく指示したり、段取りを組んでいく作業です。
この作業には経験が必要なのです。
また、このノウハウを元に作業する職人さんの腕がなければ「絵に描いた餅」になりかねません。ですので、家の作業を「任せられる」リフォーム会社は次の条件が揃っていることが大切だと考えます。

・洗面台をはじめとして水道や内装など、たくさんの種類の工事を数多くこなしていること。
・腕のいい職人をたくさん抱えていて、工事が丁寧なこと。
・地域に密着していて、アフターケアが必要になった場合でも駆けつけてくれること。
・長いおつきあいを前提に考えているのでいい加減な見積を出してこないこと。

こういった「目」で見てリフォーム会社を選ぶろ、ここまでの計画で苦労された分、ちゃんとした成果となって現われることになります。

 

洗面台の設置以外の問題にも対応できる(壁や水回りなど)

古い洗面台をどけてみたら、新築の家でない限り、「配管」や「壁紙」、「床」は確実に傷んでいます。壁紙だけでしたら、とりよせて張り替えればすむかも知れませんが、排水管の詰まりや老朽化、床の腐食などが判明する場合もあります。
こうした事態になっても、工事経験が豊富で洗面台の設置工事以外の経験も豊富なリフォーム会社であれば、あわてず、きちんと手直しや補修、床材の張り替えを行うことができます。

洗面台以外のことでも対応できる、信頼できるリフォーム会社を見つけ、そこと普段からおつきあいをしておくと、いざというときの安心感が違います。

 

スマシア株式会社の強み

・実際に専門工事に携わってきたので、きめ細かな提案と施工ができる
・自社職人が在籍しているので、お客様の要望に対してスムーズに対応ができる
・対応が早い
・自社施工なので、中間マージンや経費をのせない分、良いものを安く提供できる
・新潟県上越市と中越市に本拠を置き、県内のお客様との距離感が近い

地域密着型の会社です。長くおつきあいしていただくことで、より、その良さを実感していただけます。

 

まとめ

洗面台は機能性が求められるところ。故障ではなくても、家族構成の変化から洗面所に求められる機能の見直し・改善が必要になることもあります。
家族みんながこれからも快適に使えるように、不便が生じる前に洗面所の使用目的や欲しい機能を明確にしておくと、この条件に合った理想の洗面所のリフォーム計画が立てやすくなります。

しっかりした事前計画と信頼できるリフォーム会社選びが、後悔のない洗面台リフォームのポイントです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今ならWEBからのお問合わせで最大4つの特典付き
1
お問い合わせいただいた方に
失敗しない満足いく
リフォーム辞典を

プレゼント
リフォーム辞典

2
どんな小さなリフォーム工事もご相談ください。
WEBからのお申し込みで
ご成約の場合、
全てのリフォーム工事が

10%OFF

3
10万円以上のお客様には
壁紙補修キット
プレゼント
壁紙補修キット

4
30万円以上のお客様には
アクセント壁紙一面
無料施工
アクセント壁紙一面
特典付きのお申し込みはこちらより
LINEからお見積り
新着情報一覧
© 2018 職人のリフォーム店.